帯に短し襷に長し

不謹慎な行動が目立つ天川榎が面白いことを不定期に 書いてるブログです。気に入ったら、お気に入りに追加しちゃって下さい!相互リンク受付中! 現在不定期で小説を公開中です。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元素と単位って、似てるようで意味は全然違うらしい。

どうも!DJ.Fです。

今日は、暴風雨に見舞われ大変でした。
どこかの地域では、竜巻が起こったらしいです。

では、始めます。


今日は、ウィキペディアのネタの中から(というか、このコーナーをレギュラー化しようと思います。)元素の分野の中から
水素
について、ちょっとだけ語ります。

水素は、全宇宙の中で一番軽い原子(元素)で密度は0.0899 kg/m3しかありません。
実は、宇宙で一番多い物質は水素です。(宇宙の質量の約55%)
一番手頃に手に入る気体と言っても良いでしょう。

水素は、昔は飛行船に入れて浮遊するために使われていましたが、1937年に「ヒンデンブルク号(水素を使った飛行船)爆発事件」により水素ガスからヘリウム(水素に次いで軽い気体)ガスを使うようになったという話もあります。

水素は、空気(正確に言えば酸素)に触れると水になります。
さらに、水を電気分解すると水素と酸素に分離します。
この逆をして作られたのが燃料電池です。

水素がなければ、水が出来なかったし、水が無ければ、当然生物は生きることが出来ません。
つまり、水素は全てが成り立つ上で最も重要な物質ということです。

では、さよなら!

参考ホームページ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E7%B4%A0



FC2ブログランキング

スポンサーサイト

トラックバックURL

http://futeiki2.blog53.fc2.com/tb.php/60-c4b4a6e9

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。