帯に短し襷に長し

不謹慎な行動が目立つ天川榎が面白いことを不定期に 書いてるブログです。気に入ったら、お気に入りに追加しちゃって下さい!相互リンク受付中! 現在不定期で小説を公開中です。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蟹人7

現代!
それは情報に溢れた『密林』!
そこから出てくるのは、ソースの無いデマカセの嵐!
我々は、かくして情報の海から逃れる為、TVにかじり付くこととなった……

蟹だと思ったら
人だった
その7
~TVこそ至高~


『今!巷でミミズゴムが大人気!』
鬼の首でも取ったかのようにはしゃぎまくるキャスター、タレント。
『ミミズリボン!チョーキモカウィイデスヨネー』
女子高生が、実際に髪結いに使っている姿が映る。彼女はポニーテールに緑のミミズゴムを使っている。
本物のミミズよろしく、あの細長いボディをゴムの質感と模様で見事に再現している。昆虫好きにはたまらない。

『皆さんもつけてみて下さい~』
『わ~なにこれ~』
『あ!似合ってますよ~ほらほら~』
タレント達が実際につけてみて、それをスタジオ観覧の客に見せる。
客からの大歓声にタレントは満面の笑み。

「私もこれほしー」
真田が画面に入り込むんじゃないかという勢いで、TVを凝視する。
「おいおい、ミミズの髪ゴムなんかつけても良いことないぞ」
自分がすかさず横槍を入れる。
「いいじゃん、買っちゃえつけちゃえ。どうせ川島が払ってくれるから」
「自分の金で払え!それぐらい」
いまだに生活を自立させようという意思が全くない稲田。早く職に就け。
「やったープレゼントだーありがとう」
全く感情がこもっていない感謝をされても、ちっとも嬉しくない。

それにしても、TVは性懲りにもなく流行アイテムを紹介したがる。
ことあるごとに『最新』『最近話題』『一押しトレンド』『一発屋』など、流行が無限に押し寄せてくる。確かに紹介されるものは、それぞれ魅力的で使い勝手の良いものも多いが、たまに周囲を見渡しても、それ使ってねーよみたいな妙な孤立というか、違和感を感じることがある。
まあ、自分が納得すれば済む話だが。

「早く~買いにいこうよ~」
真田が自分を外出させようと煽る。しかし、当の真田は『DUST&NEET』とでっかく書かれたヨレヨレTシャツとパンツ一丁という素晴らしい恰好をしている。
「なら、早くまともな服に着替えなさい」
「え、これまともじゃん!最新のトレンドだよ」
真田は体を左右にひねって駄々をこねる。
「そんなのが流行ってたら警察何万人いても足りないよ」
自分が、真田のクロゼットへ背中を押して誘導する。
「それにしても、良くこの短期間で増えたな……」
真田が段ボールが入れられて移住してきた日から20日経った。
どこから買ってきたのかよく分からない服が、自分の寝室の窓際左端の角に無造作に置かれている。
「これ、放っておいたらカビ生えるんじゃないか?」
「大丈夫!塩素消毒したから、バッチリ」
全然バッチリではないのだが。
「とりあえず、適当に上下着て、外出るぞ」
「やったー!」
真田は、興奮して辺り構わず服を脱ぎだす。
肉眼で確認できたのは、たわわに実った果実たちだった。
「おい!いきなり脱ぎだすな!露出狂か!」
「良いじゃん川島だし」
「良くな~い!!!!!」
咄嗟に顔を覆った指の隙間から、淡い光が差し込む。
レースのカーテンは閉められ、真田を幻想的に包み込む。
「そうマジマジと見られるのも恥ずかしいんだけど」
しまった!あろうことかこの自分が真田に……あの段ボール女の真田に見惚れてしまうとは……。一生の不覚。
「ご、ごめん。覗き魔変態はクールに去ります」

何分か経ち、真田が部屋から出てきた。
上は白い花柄があしらわれたブラウス、下は鈍色のダメージの入ったデニム。
「良い」
稲田が親指を立て、太鼓判を押す。
「良かったー!」
真田が褒められたことを良いことに、飛び跳ねまわる。
「あんまり騒ぐなよ……下大家だし」
「「すいません」」
なぜか二人に謝られた。

そんなこんなで、自分と真田の実質デートということになった。
近くの雑貨屋『ガフト』におそらくお目当てのミミズゴムがあるだろうと仮説を立て、そこへ向かうこととした。
「うわ~外出たのって、久しぶりかも……」
真田が感慨に耽っている。そこで耽られても困る。
「いや、外出て働けよ素直に」
「ダメだよ、どうせ面接行っても断られるだけだし」
「なんでそう決めつける?」
「だって、『自己紹介の紙が無いと面接できない』って言われて追い返されるんだもん」
おいおいおい。履歴書持ってかないとか……TVでやってるファットマミィじゃあるまいし。
「そりゃそうだろ。それ無いとあんたがどんな人間か、面接する人もわかんないでしょ?」
「私には、この口がある!話一本で勝負できるもん!」
「なら、今までの面接全部受かってるはずだが」
「……」
真田は、『ガフト』に着くまで黙ったままとなった。

『ガフト』到着。
この雑貨屋『ガフト』には、だいたい最近流行と謳われたものならほぼ全て網羅している。
つい最近話題になった『キノコすらいむ』『ゾンビパンダ』『光るハゲのおっさん』などのキャラクターグッズが惜し気も無く店頭の最前列に鎮座している。恐るべきTVの影響力。
そして、お目当ての『ミミズゴム』というと……
「え~!即日完売?!」
やはりTVで紹介されたからか、人気は凄まじく、紹介後すぐ人が怒涛のように押し寄せ、あっという間に陳列棚が砂漠と化したという。
「残念だったな。また買いに来よう」
「やだ!絶対やだ!買う!ミミズゴム……」
真田はその場で座り込んで、必死のアピール。子供かよ!
「ほらほら、大きなお姉さんは家で大人しく求人漁りしましょうね~」
「嫌だ!働きたくない!」
「駄々こねてないで、帰るぞ!」
自分は必死に真田をお姫様抱っこで抱え上げ、家まで持ち帰った。
その日は、意気消沈したのか、黙ってインターネットで職漁りを続けた。

そして、翌日。

『見て下さい!この艶やかさ!』
『うわあ……一流デザイナーが作っただけのことはありますね~』
『今、巷で話題!『しゃべるウナギ』ストラップ!芸能人も激ハマり!』
また性懲りも無く、バラエティ情報番組で、流行グッズを紹介している。
「ん~んん~……」
真田にはアイマスク耳栓猿轡で、情報操作をしばらく続けることとする。
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://futeiki2.blog53.fc2.com/tb.php/293-265aaa07

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。