帯に短し襷に長し

不謹慎な行動が目立つ天川榎が面白いことを不定期に 書いてるブログです。気に入ったら、お気に入りに追加しちゃって下さい!相互リンク受付中! 現在不定期で小説を公開中です。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蟹だと思ったら 人だった その3~三角関係(笑)~

着いてしまった。
女の子を追放するどころか、厄介者を拾ってきてしまった。
やれやれだぜ……


だと思ったら
だった
その~三角関係(笑)~



玄関に到着。
「絶対に、何見ても驚くなよ?」
自分は稲田の両肩を鷲掴みにし、必死に目で危険性を訴えた。
しかし、稲田はそんなものには見向きもせず、その辺をウロウロしている猫を呼び寄せ、顎を撫でていた。猫があまりに可愛い鳴き声を出すものだから、自分も思わずウットリしてしまった。
「猫、じゃなくて、女の子が今家に……」
女の子という単語に稲田は機敏に反応する。
「お前、オレに黙って不純異性交遊とは、許さん!!」
稲田は、興奮し自分の胸倉を掴んでくる。
「落ち着け!ちゃんと紹介してあげるから、許せ」
その言葉に納得した稲田は、不気味な薄笑いを浮かべ、鍵穴を指差し早く開けろと催促する。
自分は、何だか腑に落ちないモノを胸に抱え、渋々鍵を開ける。

扉が開くと、図々しくも真っ先に部屋に飛び込む。
そこには、テーブルの上で正座している女の子が冷蔵庫を睨み付ける、不思議な光景が広がっていた。
すると女の子の顔を見るや否や、稲田が突如発狂し始めた。それも、自分の予想の遥か上のことだった。
「ああああ、ミ、ミヨチン!!!!!!久しぶり」
「ミ、ミヨチン?」
全く現在の状況が把握出来ない。
「もしかして、マー君?超久しぶり!!」
あろうことか、女の子は稲田に駆け寄り、抱きつく。
稲田。オマエは過去に一体何をやらかしたんだ?よもや犯罪に手を染めてるんじゃあるまいな。
「ちょっと待った。お前らどういう関係なんだ?ヤバい経路で知り合ったんなら、速攻追い出す」
すると、二人は互いに肩を組み、微笑みながら、
「オレ達、従兄妹なんだ」
「え?そんな、証拠も無いのに信じられるか」
「あるよ!証拠なら」
すると、稲田は家系図をポケットから取り出した。
「ほら見てごらん!ちゃんと従兄妹ってなってるだろ」
「まずさ、それ以前に、この子の名前知らないからさ」
稲田は、目を見開き、女の子を凝視する。
「前から言ってるだろう?ちゃんと初対面の人には名を名乗るって」
「ごめん」
女の子は稲田に深々とお辞儀、続いて自分に向けてお辞儀をし、こう告げた。
「ワタクシ、真田美好と申します。以後お見知りおきを」
真田は、スカートが無い代わりに長い髪の毛を持ち上げて、お嬢様風挨拶を完了した。
するとつかさず稲田が、
「ダメだろ!髪の毛はちゃんと75cm上げろって何回言ったら分かってくれるんだ」
いや、突っ込むべき所はそこじゃないでしょ。
「まあ、二人が従兄妹だとして、これからどうするんだよ」
「もちろん、ここで暮らす!!」
二人、即答。
「だったら!ちゃんと金出せよ。ここの家賃結構高いんだしさ」
「いやいや、オレ達働く気無いから」
二人寝転ぶ。
「だったら出てってもらう!働かざる者食うべからずっていうだろ」
「じゃあ、見つけといて」
もう我慢の限界だ。
「いい加減にしろ!!!!!!!!!!!!!」
思わず叫んでしまった。すると、彼らから声は発せられず、代わりにドアの向こうから大家の声が。
「うっせー!!!黙れ!今ねえんじだっとおっもってんであ?」
相変わらずの酔い加減。舌が全然回ってない。
自分は部屋を飛び出し、すいません、と深々と何度も何度もお辞儀をした。
「けんどうりゃくいたら、けろすかんあ!おべーとけ!!!」
無事、大家を追い返すことができた。ふう。

「で、どうすんの」
「……ちゃんと働きます」

こうして、二人の就職活動が始まった。




次回

その4~最近話題のアレ~


アイドル目指してえんやこーら。







次回から一話完結です。


天川 榎
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://futeiki2.blog53.fc2.com/tb.php/276-726d93c3

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。