帯に短し襷に長し

不謹慎な行動が目立つ天川榎が面白いことを不定期に 書いてるブログです。気に入ったら、お気に入りに追加しちゃって下さい!相互リンク受付中! 現在不定期で小説を公開中です。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポケットモンキー・・・縮めて、ポケモン。

はいはい。DJ.Fです。


やばい。

部活さぼりまくってる。

先輩やばい。


宇宙やばい。


てなわけで、始めます。



たぶんそれは、夢なんじゃないか?非現実と現実の狭間が、俺の中で狂い始めた。どれもこれも



彼奴のせいだ。


FLASH   


第二回  地獄変



目覚めると、既に風景が様変わりしていた。
今まで殺風景な部屋から、青空とコンクリートビルが軒を連ねている市街地になっていた。

「ここが、未来か・・・」

俺自身も、既にこの現実に半ば諦めかけていた。

「やあ。元気!?顔色悪いな、お前」

何処か機械的、だが人間味のある声がタイムマシーン内に響き渡った。

「だ、誰だよ。タイムマシーンには俺しか居ないはずだが」

俺の背筋に、ドライアイスをぶつけられた様な衝撃が走った。手が小刻みに振動している。
(もしかして、未来人に見つかった?やべぇ!!殺される・・・)
「お前、実は独身だろ」
「は?」

その声の主の正体は直ぐに分かった。彼奴が仕掛けた、オペレーションロボット「セレス」だった。

(何でこんなモンが入ってんだよ!ビックリしたぜ)

「ところで、この世界の西暦は何年だ?」
「3052年、ってとこかな」
「ってとこかな、ってちょっと!俺が居た時代からざっと1052年後か。何でこんなとこ来ちゃったんだよ・・・」



「あなたは、使命が有るから未来に来ることが出来たのです」



セレスは、声色を変え、常人には理解不能な宣言を俺に投げかけた。


「どういうことだよ。説明してくれ」
「つまり、『未来に影響を及ぼす者しか、時空を超えられない。』ということです。よって、あなたは、「選ばれし者」とでも言っておきましょう」
「へぇ。で?」
「で、って言われても、困る」
「使えねーロボットだな」
「この世界では、「ロボット」は差別用語です。失礼な人間です。この世界では、「ロボット」ではなく、「アンドロイド」と呼んで下さい」
「さっき自分のこと、「ロボット」って言ったじゃん」
「あ!」


そんなこんなで、人間とロボッ、じゃなくて、アンドロイドという異色のパーティが出来上がった。

                      *
 そろそろ、タイムマシーンも飽きたので、外の空気を吸うことにした。

昔と変わらず、無機質な世界に緑のスペース。人間は、考えが短絡的。この辺全部緑にして、コンクリ塔達を一本に纏めれば、地球温暖化だって・・・そういえば、昔に比べて涼しいっていうか、寒い!

「なんか、寒くないか?」
「私は別に。なにしろ「アンドロイド」ですから。あと、ついでに言っておくけど、後もう少しで地球は氷河期に突入するんだって」
「え?」
「だから、今地球の季節は「解(かい)・水(すい)・結(けつ)・氷(ひょう)」っていう名前になったんだ。」
「じゃあ、「地球温暖化」はどうなったんだ?」
「地球温暖化か。懐かしいな。地球温暖化は、実はデマ。地球には、「温暖期」っていうものがあることに、気づいたんだ。ほら、よく考えてみて。最近噴火や地震が多いじゃん」
「あ!そういうことか」
「そう。つまり、知らず知らずに、熱は色々な所から放たれていた、っていう訳」
「っていうか、ホントかよ」

内心、ココは本当に未来なのか、疑問だった。やけに、俺の時代に有ったものが、未だ地球に居座ってやがる。もしかして、旧市街地か?

「着いたよ。ここが、貴方が住んでいた、「旧市街地」です」


それは、あまりにも、目を瞑りたい光景だった。

最初に見た物は、美化された物だと、ようやく気づいた。

「ここは、「第三次世界大戦」で、核爆弾が炸裂した町、「青木町」。今は、世界遺産として、保存されているわ」
「そんな・・・、ふざけんな!そんな訳あるか。「ニホン」は、戦争しないんじゃなかったのか?」
「そんなの、嘘に決まってるじゃん。「ニホン」は、中国とアメリカ合衆国との戦いに巻き込まれ、中国側に付いた。それの報復として、ココに核爆弾を落とした。訳の分からない内容で、ココは跡形も無く破壊された::。
 その後、中国は、その報復として、アメリカ合衆国を総攻撃した。そして、中国の大勝利に終わった」

「そう、なんだ」

俺は、後に続く言葉が思い浮かばなかった。

「あなたには、この現実を阻止するために、働いてもらいます」


「え?それとこれとは、関係無いだろ」
「実は、時空分岐は、貴方の決断から始まっていたのです」




(第二回 終)



では、さよなら!
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://futeiki2.blog53.fc2.com/tb.php/233-552f494f

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。