帯に短し襷に長し

不謹慎な行動が目立つ天川榎が面白いことを不定期に 書いてるブログです。気に入ったら、お気に入りに追加しちゃって下さい!相互リンク受付中! 現在不定期で小説を公開中です。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インテルVS.AMD

どうも~!DJ.Fです。
そういえば、先日

バク天終わったらしいですね。

土曜日と言えば、バク天というぐらい(?)の人気だったのですが、
終わってしまったそうです。季節の変わり目になれば特番やっていたのに・・・。更には、超(?)人気お笑いゲイ人、レイザーラモンHGまでも出した番組だったのに・・・。残念です。


さて、前週の続きである話題なのですが

インテルVS.AMD

を扱います。



インテルは、世界に誇るCPUメーカーで、今のパソコンがあるのもインテルのお陰です。
一方、AMDは、最近有名になってきたCPUメーカーです。認知度はあまりありません。

なぜ、この話題を出したかというと

インテルがAMDに売り上げで負けて

いるからです!(先進国のみ)




インテルのCPUのメリットといえば

低コストHTテクノロジー

です。
HTテクロノジーとは、一つのCPUで同時に二つのことを処理できる技術です。

逆に、インテルのデメリットといえば

発熱量が半端ではないのと電気を多く使うところです。

発熱量が多いということは、冷却ファン(よくパソコンの後ろに付いている、扇風機みたいな物)の回転数が半端じゃないです。それにより、
冷却ファンの回転する音が騒音に変わります。


一方、AMDのCPUのメリットといえば

発熱量が少ないのと3Dゲームなどに向いてい



ところです。
なぜ、3Dゲームに向いているのかは話が難しいので次回話すとして、
発熱量が少ないのかというと、AMD独特の技術であるCool&Quiet テクノロジという発熱量や電気使用量を抑えられる技術を使っているからです。
さらに、AMDのほとんど全てのCPUは今の時代の先を行く

64ビットCPU

です。もっといえば、32ビットCPU(今の主流)としても使えます。はっきり言って、完全無欠のCPUです。

しかし、そんなAMDにもデメリットがあります。それは、

値段が高い

というところです。
大体、インテルの某CPUが二万円だとすればAMDは二万五千円~三万円ぐらいです。


インテルVS.AMD。勝者はどちらになるのでしょうか?今後の進化に期待しましょう!

では、さよなら!





スポンサーサイト

トラックバックURL

http://futeiki2.blog53.fc2.com/tb.php/23-1300ab51

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

こんちはー。サーフィン中に寄りました。
むむむ、難しい・・
俺もPCについてはちょっと興味があるので。
CPU大事ですしねー

  • 14/03/2006
  • Megapixel ♦MiwbGhp.
  • URL
  • 編集 ]
CPU

つっこみたくなったので書かせていただきます・・・

IntelのHTテクノロジは、「仮想的に」二つの処理を同時に行うものですよ~~
デュアルコアCPUやデュアルCPUシステムなら、いわば「本当に」同時処理していますが・・・

ちなみに、Intelも最新のものは64bitOS対応です。
EM64Tという技術です。

  • 16/03/2006
  • int main() ♦RpwNgvbs
  • URL
  • 編集 ]
ありがとうございます

ご指摘誠にありがとうございます。
今後とも、間違いなどがあったら、つっこんで下さい。

  • 16/03/2006
  • DJ.F ♦pYrWfDco
  • URL
  • 編集 ]
わかりました~

今後もどんどんつっこんで行きます故(ぁ

  • 24/03/2006
  • int main() ♦RpwNgvbs
  • URL
  • 編集 ]
コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。