帯に短し襷に長し

不謹慎な行動が目立つ天川榎が面白いことを不定期に 書いてるブログです。気に入ったら、お気に入りに追加しちゃって下さい!相互リンク受付中! 現在不定期で小説を公開中です。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日、お会いした、○○さんですよね?

どうしようかな?DJ.Fです。

疲れたモンだし、試験近いし、手短に。



ACCELERATOR
第参話 戦うということ

「え?ボクの、ことですか?」
周一は、冷や汗で、額を濡らしている。

「まあ、名前を聞かなくても分かる。キミは、ワシの孫、大村周一じゃ!そして、ワシは、大村正三郎じゃ。」
突然、刀から、人が飛び出してきた。
そして、暫く浮いた後、地面に降り立った。

「ワシを蘇らせてくれて、ありがとう。そうじゃ、表が騒がしいが、何かあったのか?」
正三郎は、首を左右に曲げた。
「実は、UFOみたいなのが来て、お母さんとか、連れ去ったみたいなんだよ・・・」
周一は、うつむいた。

「なら、そのUFOを破壊してみてはどうだ?」
正三郎は、唐突に、こう言ってのけた。
「そ、そんな!滅相もない。もしかしたら、お母さんとか、いるかも知れないんだよ。」
周一は、恐れをなした。

「いや、大丈夫じゃ。ワシが今から教える方法なら、みんなが、助かる。」
正三郎は、ニコリと笑った。
「本当に?じゃあ、教えてよ!その方法って?」
正三郎に、周一は、一歩づつ、歩み寄った。
「「アクセル」を生成すればいいのじゃ。」
正三郎の話に、一同が、困惑の色を示した。

「な、何言ってるの!!もっと真面目なはなしを・・・」
「真面目なはなしさ。昔、ワシは、UFOを「アクセル」で次々と破壊した張本人じゃ。最期は、ワシが、「アクセル」に封印されたがな。」
「なら・・・、アクセルを、生成しよう!!一刻を争うんだ!!!」
周一は、「奴等」のことで、頭がいっぱいだった。

「なら、その辺の石ころを持ってこい。ほら、目の前にあるだろ。」
「うん。拾ったよ。」
「じゃあ、手のひらに乗せて、こう唱えろ。「聖なる神よ。この輝かざる石を、悪なる物を打ち破る力を与えよ!」とな。」

。「聖なる神よ。この輝かざる石を、悪なる物を打ち破る力を与えよ!」

すると、その平凡な石が、みるみる内に光り出し、手のひらの上で、何かが出来はじめて居たが、

「そうそう、そんなか、へっ、へっ、ヘークション!!!!」

と、勢いのあるクシャミを正三郎がした結果、自分の握っていた刀を、その光の中へ、入れてしまった。

「あ!ま、いいか。」
正三郎は、他人事のように、そっぽを向いた。

そして、遂に、光のベールに包まれていた、石ころは、見事な武器へと変貌を遂げていたが、剣なのか、刀なのか、分からない形になってしまった。

「すまん!!ワシのせいで、こんな形に・・・」
正三郎は手を地に付けて謝った。
「今は、謝っている暇は無い。早く、倒しに行かなきゃ!」
周一は、心に決めた。

これ以上、犠牲は出さない、と。
<第参話 終>



では、さよなら!
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://futeiki2.blog53.fc2.com/tb.php/226-7327ff59

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。