帯に短し襷に長し

不謹慎な行動が目立つ天川榎が面白いことを不定期に 書いてるブログです。気に入ったら、お気に入りに追加しちゃって下さい!相互リンク受付中! 現在不定期で小説を公開中です。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君だけは 離さないよと 言ってみたい。~悲しきDJ.F(悲しき玩具のパクリ)~・・・キモッ!

名字がDJ、名前がF。合わせてDJ.Fです。

全く、最近の若者は・・・

妄想を繰り広げて、凶行に走る人が多いです!

勝手な妄想は、自分を追いつめる結果になる可能性があります。

相手に危害を加えない程度の、妄想は、良いでしょう。

以上、頼りにならない自己満足アドバイスでした。

では、ハジメマス。
(自分の未来に、自信を持とう!例え、毒男になろうとも。)


MASK OF HEART
第四十七章 手がかり

カデロとの決着は、呆気なくすぐについた。
「うわあああああ!!!」との叫び声と共に、散った。

そして、「こころ」の欠片が、キラキラと、美しい光を放ちながら、落ちてきた。
ヨウは、それを手に取った。
そして、「何かの記憶」が蘇った。

「・・・何処かで、見たような・・・」

行く当てもないので、ペザの家に、戻ることにした。

「・・・おや?君達、また戻ってきたのか。」
ペザは、扉を開け、「どうぞ」と言っているかのように、にこやかに笑った。
ペザ「君達、行く当てが無いのか?だったら、預言書の眠る、ドラクレア大陸に行ってみては、どうかな?」
ヨウ「その大陸は、何処にあるんですか?」
ペザ「地底だよ。」
ヨウ「どうやっていくんですか?」
ペザ「知らない。だが、行く資格のある者は、自然と道は開かれるそうだ。」
ヨウ「・・・、なら、諦めよう。」
ペザ「ココまで来て、諦めるのか?」
ヨウ「・・・仕方ないさ。」
ペザ「なら、君にこの話をしてあげよう。」

この世界で、何故マドウが使えるのか?
そんなこと、誰も知るはずが無い、と、思いがちだ。
実は、この世界に存在する「Q(クエンティ)」のお陰なのだ。
その物体は、強大な力を秘めている。
属性も違う。
炎、水、土、風、雷、木、物、空間、時間、光、そして、闇だ。
このうち、「Q」の居場所が分かっているのは、闇だけだ。
誰が持っていると思う?
そう、「グラモス」だ。
闇は、自分の「こころ」を差し出す代わりに、世界をも動かす力を得る。
彼は、それに取り憑かれ、あの様になってしまった。
それ程、強大なのだ。
君も、その存在を探してみてはどうかな?
「Q」を全て揃えると、地球の存在、いや、宇宙の存在をも揺るがすことが起きると言われている。
グラモスは、その力を悪用して、地球を意のままに操ろうとしている。
それを止めるのは、君達しか、いないのだよ。
さあ、諦めるか?前へ進むか?

ヨウは、突然のことに、胸が張り裂けそうになった。

<第四十七章 終>


では、さよなら!











スポンサーサイト

トラックバックURL

http://futeiki2.blog53.fc2.com/tb.php/170-0ebd94f6

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。