帯に短し襷に長し

不謹慎な行動が目立つ天川榎が面白いことを不定期に 書いてるブログです。気に入ったら、お気に入りに追加しちゃって下さい!相互リンク受付中! 現在不定期で小説を公開中です。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山の方の子

どうも!DJ.Fです!

いやはや、このブログも、設立から半年が過ぎました。

早いモンですね。

このブログの方針は、「ブログらしくないブログ」です。
確かに、日記だけに留まらず、作曲活動、雑学講座、お薦めソフトの紹介、小説の執筆活動など、何をやっているのか、全然分からないブログに成りました。

とにかく、この「個性的」なヘンテコブログを、どうぞ、末永く、毎日、閲覧してして頂ければ、幸いです。

では、始めます。


MASK OF HEART
第四十四章 決別

気がつくと、ペザの家だった。
「・・・、ココは・・・、ラルースは、どうなったんだ・・・。」
ヨウは、混濁する意識の中、ペザに問いかけた。
「ああ。ラルースか・・・、死んだよ。「こころ」が崩壊してしまって、・・・・・」
ペザは、泣きじゃくっていた。
「そんな・・・、なんでだよ・・・、そんなはず無い!!
ヨウは、大声をあげながら、ひたすら大泣きした。

その声に気づいたのか、他の仲間も、目を覚ました。
「何が、あったんだ?」
マタムネは、怒鳴りあげて、問いかけた。
「・・・、ラルースが・・・・・、死んだ。」
ヨウは、一層、大泣きし始めた。
「そ・・・、そんな、「こころ」は、崩壊するほどの侵食では、無かったんじゃないのか?なのに、何故・・・。」
マタムネは、顔を手で覆い、泣いた。
「み・・・、みんな、落ち着こうよ・・・。」
デナは、泣きじゃくりながら、必死で、皆を励ました。
「その前に、ラルースは、何処だ?」
ヨウは、辺りを見回したが、ラルースは、無かった。
「・・・、「こころ」が崩壊し、死んだ者の体は、消えてしまうのだよ。」
ペザは、落ち着いたのか、泣きじゃくるのを止めて、答えた。
「・・・、ココで泣きじゃくっても仕方ない。前に進もう。」
ヨウは、皆を勇気づけた。
「それもそうだね。」
デナは、うなずいた。
「仲間の死を受け入れるのも確かだが、ここで、立ち止まっていては、何も変わらないからな。ラルースのためにも、あいつの仇を討ってやる!」
マタムネは、決意を固めた。
「サア、マエヘ!」
マサヨシは、笑顔で、応えた。

<第四十四章 終>


では、さよなら!
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://futeiki2.blog53.fc2.com/tb.php/164-453327bc

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。