帯に短し襷に長し

不謹慎な行動が目立つ天川榎が面白いことを不定期に 書いてるブログです。気に入ったら、お気に入りに追加しちゃって下さい!相互リンク受付中! 現在不定期で小説を公開中です。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Do not surrender to power.(権力に屈服するな。)

ようこそ!DJ.Fです。

とうとう、九月ですよ!
大変ですよ!
寝不足ですよ!
何だか知らないけど、毎日ハイテンションですよ!

うんうん。良かった。大丈夫。落ち着け、自分。
(実は、今日は、記念すべき?40章目)

では、始めます。


MASK OF HEART
第四十章 背負うべきもの

その頃、ヨウ達は、現場に辿り着いた。
「あそこで倒れているのは、誰だ?」
ヨウは、倒れている人に、近づいた。
「も、もしや・・・、ラルース?」
ヨウは、更に、近づいた。
「そんな・・・、ウソだろ?・・・。」
ヨウは、それ以上、言葉が出なかった。

そこに、マタムネも近づいた。
「これは、只の気絶じゃないぞ・・・、「ムの種」による「悪心病」だ!!一刻も早く措置を執らないと、大変なことになるぞ!」
マタムネは、ラルースの顔色を見ながら、言った。
「何で分かるんだ?」
ヨウは、首を傾げた。
「実は、昔、医者をやっていたんだよ。たった1ヶ月だけどね。その時に、同じ症例があったんだ。その患者は、あまりにも有名な、あの「セオ・アルバード」だ。」
マタムネは、顔色を暗くした。
「何だって??!!!そんな・・・。」
ヨウは、「あの時」を思い出してしまった。
「嫌だ・・・、そんなの嫌だ!!!」
ヨウは、地面に四つん這いになった。
「とにかく、何処か治せる人がいたような気がするが・・・。」
マタムネは、頭を抱えた。
「私、知ってるわ!確か・・・、カナード大陸の北の方にある、「ウィータ」という町に、「ペザ」という人が、強力な「マドウツカイ」だと聞いたわ。」
デナは、ハッとした。
「じゃあ、早く向かわないと!「トビハネ鳥」で!」
マタムネは、冷や汗が、一滴、地面に落ちた。

<第四十章 終>


では、さよなら!


スポンサーサイト

トラックバックURL

http://futeiki2.blog53.fc2.com/tb.php/153-aff28e4e

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。