帯に短し襷に長し

不謹慎な行動が目立つ天川榎が面白いことを不定期に 書いてるブログです。気に入ったら、お気に入りに追加しちゃって下さい!相互リンク受付中! 現在不定期で小説を公開中です。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音ゲーバンザイ!(特にドラムマニアと、太鼓の達人)

真夏だ!スイカだ!DJ.Fだ!

ということで、始まりました!

もう、8月ですよ!
早いですよ!

そして、秋ですよ。

早いです。

では、始めます。


MASK OF HEART
第三十三章 誰

突然現れた人物。
実は、ヨウでも、マタムネでもなかった。

「誰?」
ラルースは、ビクビクしている。
「私は、デナ。この辺に、変な奴が出るっていう噂があったんで、来たんだけど・・・、やっぱりカデロだったか。今度こそ決着をつけてやる!」
デナと名乗る女性は、カデロに向かって、罵声を浴びせた。
「フン、この雑魚が!今度こそ・・・。」
カデロが、ヨワゴシになっていた。
「まあ、直ぐに決着はつくさ・・・、「ファドン」!」
デナが、強力な火のマドウを唱えた。
「うわあああああああ!!!」
危うく直撃だったが、避けた。
「くそ・・・、なら、「サンサル」!」
カデロは、強力な土のマドウを唱えた。
「・・・、レベルが違うよ、凄すぎるよ・・・、二人とも。」
ラルースは、怯えている。
「アハハハハ!!強い強い!だが、俺は変わったんだ!!「ファルコ」!」
カデロは、聞いたことないマドウを放った。
「これが、伝説の「マドウ」だ!」
このマドウは、人間でありながら、鳥人間になってしまう、禁断のマドウである。
「ダメだ・・・、完全に「悪」の「こころ」に支配されているようだ。」
デナは、唖然とした。
「ふふふ・・・、これだよ!とうとう、俺は、最強の力を手にしたんだ!!ハハハハハ!!!」
カデロの姿は、すでに、人間では、なくなっていた。
周りには、黒いオーラで漂っていて、その上背中から、緑の翼が生えていた。しかも、手足も、まるで鳥だった。
「なら、仕方ない、封印の「マドウ」を使うしかないが、手間が掛かるんだよな・・・、呪文長いし。」
デナは、鼻で笑っていた。
「いくぞ、鳥人間・・・、「聖なる魂よ、今此所に、降臨せよ!そして、悪なる物を、永遠(とわ)に此の地に封じ込めよ。ザボラ・ゼオラード!!!!!」
デナは、ずっと天井を見つめている。
すると、天井に割れ目が出来、そこから、白い光が出てきた。
その割れ目から、白い光の球体が、たくさん出てきた。
そして、カデロを球体状に包み込んだ。
その球体は、どんどん小さくなり、最後には、野球ボール程の大きさになってしまった。
光の球体は、そのまま地面に、吸い込まれた。
「な・・・、何?・・・、何が起きたの?」
ラルースは、その場に倒れて、気絶してしまった。
「はぁー。刺激が、強すぎたかな?」
デナは、苦笑いをして、そのまま、疲れたのか、倒れ込んでしまった。

ヨウとマタムネは、何時来るのか?
そして、ラルースとデナの運命や、いかに?

そして、マタムネは、本当に、天才科学者だったのか?

次章に、続く。
<第三十三章 終>


では、さよなら!


スポンサーサイト

トラックバックURL

http://futeiki2.blog53.fc2.com/tb.php/138-90f26f72

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。