帯に短し襷に長し

不謹慎な行動が目立つ天川榎が面白いことを不定期に 書いてるブログです。気に入ったら、お気に入りに追加しちゃって下さい!相互リンク受付中! 現在不定期で小説を公開中です。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネ申!

どうも!DJ.Fです!

夏休みの宿題が・・・、山のように出てしまいました。

鬱です。

でも、乗り越えます。

では、始めます。


MASK OF HEART
第二十五章 さあ、いくぞ!

三人は、港へと歩き出した。
マタムネは、ヨウに「こころ」の欠片を手渡した。
すると、自分が、前居た世界を思い出すことが出来た。

「ねえ、そういえば、ヨウって何歳なの?」
ラルースは、何気なく訪ねた。
「・・・、23歳。NEETだよ・・・。」
ヨウは、ションボリとしてしまった。
「ああ!1000年前に流行った言葉だよ!そうか・・・、君は2006年から来たんだね。」
ラルースは、苦笑いしながら言った。
「も、もしかしたら、ココって・・・。」
ヨウは、オドオドしている。
「そうだよ!ココは、3006年さ!最近、2006年からタイムスリップしてくる人が、何故か増えてるらしいよ。」
ラルースは、笑顔で言った。
「えええええええ!!!!!!!ココって、RPGの世界じゃないの?オンラインゲームの、「MASK OF HEART」の世界にとばされたんじゃ、無いのか?」
ヨウは、目をひんむいて、訪ねた。
「何を言ってるの?ココは、地球だよ。データの世界じゃないよ。アタマ大丈夫?」
ラルースは、ヨウを皮肉った。
「・・・・・。」
ヨウは、相当ショックだった。
「まあ、昔の新聞に、「人がコンピューターに吸い込まれる!」っていう記事が載ってたんだよ。図書館にあったんだけど、この新聞に載っていた顔写真の一つが、ヨウにそっくりだったから、念のために聞いただけだよ。ホントに、そうだなんて・・・!」
ラルースは、ヲタク心をうずうずさせている。
「事件の原因は、ゲーム内にあった、「カマシンバ」っていうアイテムのプログラムが、偶然、今の世界にある「カマシンバ」と同じ働きをする様になっていたらしいよ。初めて、そのアイテムに触れた、4人が、1000年後のこの世界に飛ばされたらしいよ。私もその一人なの。」
ラルースも、ションボリした顔で言った。
「え?そうなの?!!じゃあ、マタムネもそうなの?」
ヨウは、キョトンとしている。
「一緒に「悪魔館」に行くときに、その話をしたら、やっぱりそうだってよ。」
ラルースは、腕を組みながら、言った。
「そうなんだ・・・、不思議だ。」
ヨウは、頭を抱えている。
「そう。貴方だけ、私たちの一年後にこの世界に来たみたいよ。だけど、この未来に飛ばされた、4人全てが、自分のいた現代のことを覚えていないみたいよ。私は、この世界の書物を読んで、記憶を何とか一部分だけど、取り戻したわ。」
ラルースは、少し笑顔になった。
「そうなんだ・・・、みんな、記憶が消えているんだ。」
ヨウは、どんどん鬱になっている。
「元気出してよ!ほら!ね!」
ラルースは、あかぬけた顔で、こちらを見てくる。
「そ、そうだね!元気があれ、何でも出来るもんね!」
ヨウは、ようやく鬱状態から、脱出した。

「おーい!サザン島行きの船が出ちゃうぞ!急いで!」
マタムネは、結構遠くに居た。
「ほら!急いで!乗り遅れちゃうよ!」
ラルースは、走り出した。
かなり、足が速い。
「待ってくれよ~・・・」
ヨウも走り出した。

なんとか、船に間に合った。

<第二十五章 終>


では、さよなら!

スポンサーサイト

トラックバックURL

http://futeiki2.blog53.fc2.com/tb.php/128-46b2cd48

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。