帯に短し襷に長し

不謹慎な行動が目立つ天川榎が面白いことを不定期に 書いてるブログです。気に入ったら、お気に入りに追加しちゃって下さい!相互リンク受付中! 現在不定期で小説を公開中です。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Do you think timemachine?

どうも!DJ.Fです!

いや~!昨日ネットサーフィンをしてたら・・・

衝撃的な物を発見しました!

ウィキペディアの中に、「タイムマシン」についての記事がありました。

その中に、「都市伝説」として、未来から来た未来人の「ジョン・タイター」という人が、予言を掲示板に残して、消え去ったという、謎の事件が起きていたそうです。

彼の予言は、不気味にも、的中し続けているそうです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A0%E3%83%9E%E3%82%B7%E3%83%B3
これが、タイムマシンについての記事です。
その中に、「ジョン・タイター」についての記事へのリンクが張ってあります。



MASK OF HEART
第二十四章 秘密の(?)部屋

マタムネは、正直驚いた。
なぜ、こんな所に秘密の入り口があるなんて、と思っていたが、良く考えれば、良くある展開に思えてきた。

「あ、あったぞ!!」
マタムネは、目を大きくして、言った。
「これが、「魂の牢獄」・・・・」
ラルースは、それを見つめながら、言った。
「じゃあ、開けるぞ・・・、カチッ!
鍵を使って、錠を開けた。
錠は、無防備にも、南京錠だった。
「やった!!開いたぞ!!!って・・・、うわ!!!!」
マタムネが、開けた途端、魂と思われる物体が、光を放ちながら、二人の前を通り過ぎていった。
「あれは・・・、出た~!!!!」
「そりゃそうだろ!魂が閉じこめられていたんだから!」
ラルースは、マタムネにきついツッコミを入れた。

二人は、病院に戻ることにした。
            *
病院まで、たった3分で着いてしまった。
「ヨウ!大丈夫か?」
マタムネは、ヨウの居る病室に駆け込んだ。
ヨウは、元気そうに、立っていた。
「自分なら、平気だよ!ほら!」
ヨウは、ピョンピョン跳ねた。
「おお!!元気が何よりだ!!良かった!」
マタムネは、満面を浮かべた。

「ヨウさん、元気になって良かったですね!」
医師も、ヨウの回復を祝福していた。

            *
「そういえば、ヨウを助ける間に、凄い奴に出会ったんだよ!」
マタムネは、自慢気に話し始めた。
「とにかく凄い!その人は、ラルースっていう人何だけど、凄く機械に詳しい奴なんだよ!一度逢ってみようよ!」
マタムネは、強引に、ヨウの手を取りながら、ラルースの居る病室に行った。
「御免下さい!」
マタムネは、かしこまりながら、言った。
「ああ、この人が、君の言ってた、マタムネ君だね!うちの娘がお世話になりました!」
ラルースのお父さんと思われる人が、ベットから、おじぎをした。
「こちらこそ!」
マタムネは、顔を赤らめた。
「で、どうしたんだね?」
ラルースのお父さんが、睨みつけながら、言った。
「ああ、それで、ラルースさんと僕と、ヨウで、「ボウケン」が、したいんです!」
マタムネは、率直に、気持ちをぶつけた。
「・・・、良いでしょう。ラルースなら、何とか、生きていける根性位叩きこんだつもりですから!!どうぞ、仲間に入れてやって下さい。」
ラルースのお父さんは、少し涙目になりながらも、言った。
「あ、ありがとうございます!!」
マタムネは、満面の笑みを浮かべて、叫ぶように、言った。
「宜しくね!」
ラルースは、ヨウの手を握り、握手をした。

もう、既に、行く場所は、決まった。
サザン島、それから、天空大陸。

ヨウ達の、そして、この世界の色々な宿命を変えるべく、立ち上がれ。
ヨウ。
マタムネ。
そして、ラルース。

<第二十四章 終>


では、さよなら!
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://futeiki2.blog53.fc2.com/tb.php/127-a9e1dbdd

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。