帯に短し襷に長し

不謹慎な行動が目立つ天川榎が面白いことを不定期に 書いてるブログです。気に入ったら、お気に入りに追加しちゃって下さい!相互リンク受付中! 現在不定期で小説を公開中です。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽の塔。

どうも!DJ.Fです。

今日は、オーバーヒートしそうです。
自分に、負荷かけ過ぎです。

でも、頑張ります。

では、始めます。


MASK OF HEART
第二十一章 灯台の悪魔

マタムネは、いつの間にか、灯台に着いていた。
何か声がする・・・、
「おいで・・・」
不気味な声だった。
とにかく、灯台に入ってみた。

中は、不気味に暗く、お化け屋敷に来たみたいだった。
「何だココは?灯台じゃなくて、お化け屋敷なのか?」
マタムネは、微妙に、ニヤリとして、言った。
いわゆる独り言である。
「ようこそ・・・、我が「ムの館」へ!ヘッヘッヘ!!」
不気味に笑っているのは、多分「アド」であろう。
「一体お前は何モンだ!」
マタムネは、上を見上げながら、叫んだ。
「もちろん俺は、ばけモンさ!一般人なら「悪魔」と呼ぶだろうな!」
アドは、駄洒落を言いながら、気軽に言い放った。
「ふっ、余裕ぶっこいてられるのも、今のうちだ!この世界一の剣豪(自称)がお前を斬る!」
マタムネは、怒りに満ちた顔で、言い放った。
「ヘッヘッヘ!人間如きに何が出来る?只、呆然とするだけで、そのまま俺にやられるのさ!そして、魂を頂き、人間を「ム」にするのさ!」
アドは、まるでマタムネを嘲笑うように、言った。
「なら、実力で勝負だ!お前も、手加減無用でかかってこい!これが武士道というものだ!」
マタムネは、武士の誇りにかけても、そう言い放った。
「本当にそれでいいのか?まあいい。すぐに俺の実力が分かるさ!」
アドは、鼻で笑いながら、言った。
「ふふふ・・・。」
マタムネは、そう笑いつつ、灯台の頂上へと、登りだした。

<第二十一章 終>


では、さよなら!
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://futeiki2.blog53.fc2.com/tb.php/124-3f805e3b

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。