帯に短し襷に長し

不謹慎な行動が目立つ天川榎が面白いことを不定期に 書いてるブログです。気に入ったら、お気に入りに追加しちゃって下さい!相互リンク受付中! 現在不定期で小説を公開中です。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聞いて下さい、見て下さい、ちょっと待って下さい。

どうも!DJ.Fです。

最近暑くて、体力が持ちません。

老化の兆しでしょうか?
やばいです。

では、始めます。


MASK OF HEART
第二十章 at hospital

ヨウは、気持ち悪くなり、病院に運ばれたまでは、理解出来る。
だが、ヨウは、病院に運ばれた途端に、気を失ってしまった。
全ては、ヨウの運ばれた部屋で分かる。

「どうした?ヨウ!返事してくれ!」
マタムネは、ヨウの頬をひっぱたきながら、言った。
「・・・・。」
ヨウは、気を失ったままだ。
「・・・ヨウさんは、魂を抜き取られたようですね。おそらく。」
医師とみられる人が、ヨウの安置されている部屋に入ってきながら、言った。
「それは、どういうことですか?」
マタムネは、理解不能だった。
「ヨウさんは、確か灯台で倒れたんですよね?これは、灯台に棲む悪魔「アド」のせいですよ。そのせいで、何人もの人の魂が抜き取られてしまったらしいです。気持ちが悪くなったのも、そのせいですよ。」
医師は、キッパリと、断言した。
「それで、今灯台には入れるんですか?」
マタムネは、泣きそうになりながらも、言った。
「ああ、今は、入れると思うよ。もう誰も近づかない場所だからね。」
医師は、無表情で、言った。
「ありがとうございます!」
マタムネは、灯台に向けて、走り出した。
              
<第二十章 終>


では、さよなら!

スポンサーサイト

トラックバックURL

http://futeiki2.blog53.fc2.com/tb.php/123-6c7bb42f

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。