帯に短し襷に長し

不謹慎な行動が目立つ天川榎が面白いことを不定期に 書いてるブログです。気に入ったら、お気に入りに追加しちゃって下さい!相互リンク受付中! 現在不定期で小説を公開中です。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンプラーって知ってる?

どうも!DJ.Fです。

突然ですが、「サンプラー」ってご存じですか?
一般人(テクノに興味の無い人)では、知るはずのない言葉ですが、自分の得る覚えの知識で勝手に説明致します。

「サンプラー」とは、電子楽器から出される音を変調させる機械のことを指すそうです。
よく、DJ(ディスクジョッキー)の円盤を回している機械の隣にあるのが、サンプラーです。

テクノにとっては、欠かせない機械なのですが、値段が高いです。
なんと、10万円はくだらない値段で売られているようです。
だったら、自主作成して、コストを落として、使ってみたい物です。

では、始めます。


MASK OF HEART
第十八章 ときのたび

サノンは、ようやく家に帰り、落ち着いた。
家までの道のりは、地表が雪に覆われていた。

「はあ・・・、ココか、お婆さんの家は?」
ヨウは念には念を押して、確認した。
「そうさ。昔は、このへんは、ダンマリ村があったのだが、今では廃村してしまい、私一人しか住んでいないのだ。」
サノンは、悲しげに言った。
「それは、何年前のことですか?」
ヨウは、家の窓から、外を見ながら、言った。
「もう、十五年も前だ。この辺の風景も、家ばかりの風景から、草むらの風景に変わってしまったよ。」
サノンは、ショボンとなってしまった。
「そうなんですか・・・。」
そう、ヨウが言い放った後、暫く沈黙が続いた。
               *
「そうだ!これを持って行きなさい!」
サノンは、長い沈黙を引き裂いて、言い放った。
おもむろに、ポケットから、メダルの破片のような物を取り出した。
「これは、「ときのたび」をして以来、ずっと大切にしていた、「家族のメダル」だよ。私とアラバナの分があるんだけど、あなたがもしアラバナだったのでも、アラバナじゃなくても、あなたに持って欲しいの。これを、あなたに託すわ!」
サノンは、ヨウの手にそっと手渡した。
「本当に、持って行って良いのですか?」
ヨウは、戸惑っていた。
「いいのよ。マドウが使えなくなって、後もう少しで、逝ってしまうかも知れない体だからね。私の側にあるのは、私の家だけで十分ですもの。」
サノンは、笑いながら、一筋の涙を流した。
「分かりました。これは、自分が、大切に持っています。」
ヨウは、決意を固めた。
「ならいいわ。気をつけて、いってらっしゃい!」
サノンの笑顔が、いつの日にか見た、笑顔のそっくりだった。

二人は、ガバドに向かって、歩き始めた。

<第十八章 終>
<第三節 終>


では、さよなら!


スポンサーサイト

トラックバックURL

http://futeiki2.blog53.fc2.com/tb.php/121-fcb7898b

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。