帯に短し襷に長し

不謹慎な行動が目立つ天川榎が面白いことを不定期に 書いてるブログです。気に入ったら、お気に入りに追加しちゃって下さい!相互リンク受付中! 現在不定期で小説を公開中です。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

be Taro

どうも!DJ.Fです。

夏限定プロジェクト、公星(ハムスター)が始動です。

「え!DJ.Fと阪井 和って、同一人物?」

実は、そうなんです。

阪井 和の場合は、真面目な小説を、
DJ.Fの場合は、ファンタジーみたいな小説を、
同時進行で、書いていきます。

いや~、余計なことをしでかしてしまいましたね。
全ては、「be Taro」なんです!

では、始めます。


MASK OF HEART
第三節 雪山の秘密
第十五章 悲しみの旅立ち

モルモンは、五年後の、同じ場所に立っているに違いない。
グラモスは、今何処に居るかも、解らない。

「まあ、とにかく、マタムネさんが、故郷に帰りたいって言っているんだから、その通りにしてあげなさい。」
ソールは、ニヤリと、笑った。
「は、はい・・・、で「ガバド」って、何処にあるんですか?」
ヨウは、平然と言った。
「え?「ガバド」の場所も知らないの!まあ、仕方ないわ。教えてあげるわ。」
ソールは、親切に、この付近の地図を取り出して、ガバドまでのルートを教えてくれた。
「ココから、真っ直ぐ西に進めば、「ジャンガド山脈」にぶつかるの。
で、一番低い山が、この「ダンマリ山」なんだけど、ちょっと恐いお婆さんが、頂上で待ちかまえているから、気をつけてね。」
「ありがとうございます!親切にどうも!」
「いいえ、当然のことですよ。」


そして、二人は、ジャンガド山脈に向けて、出発した。

<第十五章 終>

では、さよなら!
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://futeiki2.blog53.fc2.com/tb.php/118-2ac0e962

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。