帯に短し襷に長し

不謹慎な行動が目立つ天川榎が面白いことを不定期に 書いてるブログです。気に入ったら、お気に入りに追加しちゃって下さい!相互リンク受付中! 現在不定期で小説を公開中です。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前へ、進め。一歩づつ。

どうも!DJ.Fです。

ああああああああ!
試験がだんだん近づいてきています。
RPG開発プロジェクトも、試験終わるまで、凍結、と言いながら、シナリオは、書き続けなければいけません。でも、頑張ります。

では、始めます。


MASK OF HEART
第十三章 悲劇

三人揃って、いざ市長の家へ向かっていた。
そして、無言のまま、到着した。
「とうとう着いた・・・。」
ヨウは、戦々恐々としていた。
「大丈夫さ!我々には、仲間がついているではないか!」
マタムネは、ヨウを元気づけようと、言った。
「さあ、行こう!」
ヨウは、希望に満ちあふれていた。
              *
いざ、市長の家に入ってみると、まるで研究所みたいに、壁が白く、出歩いている人も、白衣を着ていた。
「これは、市長の趣味なの。仕方ないわね・・・。」
ソールは、ため息交じりに言った。
「う・・・、キモい。市長のセンスが問われる。」
ヨウは、皮肉った。
「やれやれ、とにかく、市長の所へ向かおう。」
マタムネは、そそっかしく言った。
              *
市長は、5階にいるのだが、そこまで辿り着くのに、かなりの時間を要した。
まるで、「ダンジョン」みたいだった。

そして・・・
コンコン。
扉として使われている、木の乾いた音がした。
「はい?なんでしょう。」
モルモンは、元気に、答えた。
「入ってよろしいでしょうか?」
ヨウは、かしこまった声で、言った。
「いいですよ。」
モルモンは、あっさりと答えた。

「あの・・・、どうしてたった三年間で、こんなに大きな大都会になったのですか?」
ヨウは、率直に言った。
「ふふふ・・・、知りたいのか?」
モルモンは、脅し交じりで、言った。
「は、はい!」
ヨウは、鳥肌がたった。
「そう、なら教えてやろう。何故この都市だけが、発展したのかを。それは「ムダン」という団体の一番偉いお方、「グラモス」様のお告げの通りに都市開発を進めた結果だ。あのお方は、全てを見通す力が有るのだ。私にも、その力を、少し分けて貰った。ふふふ・・・、すべてを知ったからには、ただでは帰さん。我のマドウの餌食となれ!
とうとう、モルモンの化けの皮が剥がれた。

ムダンとは、一体どんな団体なのか?
そして、グラモスとは、一体何者なのか?

次章に続く。

<第十三章 終>


では、さよなら。

スポンサーサイト

トラックバックURL

http://futeiki2.blog53.fc2.com/tb.php/113-98178a17

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。