帯に短し襷に長し

不謹慎な行動が目立つ天川榎が面白いことを不定期に 書いてるブログです。気に入ったら、お気に入りに追加しちゃって下さい!相互リンク受付中! 現在不定期で小説を公開中です。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だんだん、夏。

どうも!DJ.Fです。

風邪が、悪化しつつありましたが、快方に向かっています。

ありがたきことです。

では、始めます。


今日も、連載小説です。

MASK OF HEART
第二節 光よ・・・
第七章 不思議

ヨウは、今、起きたことが分からなかった。
自分が、まさか「マドウ」が使えるなんて、到底思えない。

レオンが、言うには、「お前の使った「マドウ」は、普通の人には使えない特殊な「マドウ」だ。貴方の使ったマドウは、「善」の「こころ」を持ったものにしか、扱えない「カムラリオン・サガード」と言う一番高いレベルのマドウだ。お前は、この世界を変えられる人間かもしれない・・・」

言っていることが、理解出来なかった。
「・・・一人のNEETが、この世界を救う?・・・」
ヨウは、困惑していた。
ヨウは、とにかく現実を理解しようと必死だった。

「とにかく、西にある超巨大都市「アンザリュク」に言ってみると良い。あと、セオの家にあった、「カムラ」は君に渡しておこう。あと、回復アイテム「カーザ(体力回復アイテム)」と、「セモナ(精神力回復アイテム)」をそれぞれ5つづつあげよう。」
レオンは、ヨウに出来る限りのサポートをした。

「ありがとう・・・、ございます・・・。」
ヨウは、困惑しながらも、それらの品々を受け取った。

ヨウは、これからどのような、波瀾万丈の冒険をしてゆくのか?
彼にとっては、きつい試練が待ち受けているのかもしれない・・・

<第七章 終>

では、さよなら。


スポンサーサイト

トラックバックURL

http://futeiki2.blog53.fc2.com/tb.php/105-6c660b05

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。