帯に短し襷に長し

不謹慎な行動が目立つ天川榎が面白いことを不定期に 書いてるブログです。気に入ったら、お気に入りに追加しちゃって下さい!相互リンク受付中! 現在不定期で小説を公開中です。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またもや。

どうも!DJ.Fです!

とうとう決まりました!

「MASK OF HEART(仮)」RPG化(仮)決定です!

とうとう、ここまで来ました。
これから、忙しくなりそうです。

では、始めます。


今日も、連載小説を書きます。

MASK OF HEART
第五章 砂と風と「こころ」

果てしない砂漠を暫く歩いていると、何故か、湖のような物が見えてきた。
「オアシス」だ。
しかも、家がある。
しかし、人のいる気配は、全く無い。

「もしかしたら、セオの家?」
ヨウは、首をかしげながらも、その家に寄ることにした。

立て看板がある。
「ここは、セオ・アルバードの家」
やはりそうだった。
「やった!」
セオは、満面の笑みを浮かべ、ドアを叩いた。

コン コン。

「セオ?居るんだろ?返事してくれ!」
ヨウは、見えない不安にかられていた。
「おい、いい加減返事してくれ!」
ヨウは、限界ギリギリの音量で、力一杯叫んだ。

しかし、セオは、出てこなかった。

怪しい、と思い、ヨウは、扉のノブに手をかけた。
そして、ひねった。

扉が、「ギー・・」という音を立てて開いた。
やはり、誰も居なかった。

奥の方には、ベットが一つ。
中央に、机が一つ。
右側に、桐箪笥が一つ。
その箪笥の上には、セオと見知らぬ男性と一緒に写っている写真が、立てかけてあった。

とにかく疲れたので、ヨウは、セオのベットで、寝た。

             * 
暫く寝ていると、見知らぬ男性が立っていた。
セオと一緒に写っていた、あの男性だった。
「失礼ですが、貴方は誰ですか?」
見知らぬ男性は、不安がった声で、言った。
「ヨウと言います。失礼ですが、貴方の名前は?」
ヨウは、サラリと答えた。
「私は、レオンと言います。サンドラという町の町長です。」
レオンは、堂々とした口調で、答えた。
「え?貴方が、サンドラの町長なんですか?」
ヨウは、拍子の抜けた声で、言った。
「そうですけども、何か?」
レオンは、少し怒った口調で言った。
「あの・・・。セオさんを、ご存じですよね?」
ヨウは、おそるおそる言った。
「知っています。彼は、以前私に会いに来ました。そして、セオは、私に、こんなことを言ったんですよ。」
レオンは、セオの言っていたことを、次々と、言い始めた。

「私(セオ)は、今、病に冒されています。それは、「悪心病」という不治の病なんです。一度この病に罹(かか)ると、だんだん自分の「こころ」から、「善」という概念が無くなり、「悪」が「こころ」を支配してしまうという、恐ろしい病なのです。この森を、私が、破壊し尽くしてしまうことに・・・、なることに・・・」
セオは、これ以上言葉が続かなかったという。

「実際に、セオの「悪」の「こころ」が、この森を破壊してしまいました。なんとも、悲しい事実です・・・」
レオンは、泣き始めてしまった。
「セオは、私を助けました!彼は、未だ、「悪」の「こころ」に、完全には染まっていません!」
ヨウは、泣き叫んだ。力一杯に、泣きじゃくった。
「何で、あんなに、心優しい人が・・・」
レオンは、泣きながら、つぶやいた。

              *
しばらくして、緩んでいた涙腺は、元に戻った。
「そういえば、セオは、何処へいったのですかな?」
レオンは、首をかしげながら、言った。
「用事がある、とか言って、どっかに行きましたよ。」
ヨウは、あっさりと、答えた。
「まずいぞ・・・。サンドラに向かっているかもしれない。彼の「悪」の「こころ」が、サンドラを破壊し尽くしてしまうかもしれない!」
レオンは、怯えた声で、言った。
「なに?早く、サンドラへ向かいましょう!!」
ヨウは、慌てた声で、言った。

セオの家を出て、すぐさま、「サンドラ」へ、二人は向かった。

<第五章 終>


では、さよなら!




スポンサーサイト

トラックバックURL

http://futeiki2.blog53.fc2.com/tb.php/101-a147ea43

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

がんばって

  • 11/06/2006
  • イグチ ♦-
  • URL
  • 編集 ]
支援了解

支援了解。プログラミングの勉強し直さないとな

頑張って。

このプロジェクト、成功するようにお手伝いさせて頂きます。
よろしくお願いします。

  • 13/06/2006
  • 秋月影都 ♦-
  • URL
  • 編集 ]

スカウトされて参加表明したのはいいけれど、自分に何ができるか
よく分からんな。ダンジョンの構成でも考える?
耐震強度はしっかりとしたダンジョンを考えてみるよ。

  • 13/06/2006
  • とりび~ ♦-
  • URL
  • 編集 ]

BGM担当(仮)になったらしい、ダックンです。
練習として作っているBGMが明日には完成するかもしれません。
そん時はこのブログのBGMにその曲を追加させてもらいたいな。
一応、人生初作品(作曲に関して)です。
ベースがなんだか怪しいですが、ドラムとギターは上手くできたつもりです。
まあ、今週中には聞けるって事で、頭の片隅にでも覚えておいてください。
(この時間帯にカキコしていることが苦労している証拠みたいな感じです。)

  • 14/06/2006
  • ダックン ♦-
  • URL
  • 編集 ]
コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。