帯に短し襷に長し

不謹慎な行動が目立つ天川榎が面白いことを不定期に 書いてるブログです。気に入ったら、お気に入りに追加しちゃって下さい!相互リンク受付中! 現在不定期で小説を公開中です。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蟹だと思ったら 人だった その6~グレートなオポチュニティ~

おはようです。
今朝もいい天気です。

蟹だと思ったら
人だった
その6


今日も性懲りも無しに、求人票を眺める二人。
新聞のチラシ、求人のサイト、2ちゃんねるなど、あらゆる情報源を駆使し、探し続ける、
だが、二人が満足のいく仕事が無いと言い張るのだ。これだけ調べているんだ、一つくらいは目ぼしいものがみつかるはずだろう。
「近頃は国際化が進んでるからな……、英語が出来ないと雇ってくれないんだよな」
稲田が悪態をつく。そりゃそうだ、総合商社のページしか見てないもんな。
「やっぱり蟹のふりして生きてくのが一番だったのかな?」
真田は段ボールから出てきてしまったことを悔やんでいる。
「いやいやいや、いくらなんでもそれは無理だろ」
自分はシンク台を先日買った激落ちくんで、必死に溜まった汚れを磨いていた。
「そういえば私って、どうやって配達されたのかな?」
「いや、俺に聞かれても」
「記憶がないのよね。なんで段ボールに入ったのかとか、その周辺の記憶がないんだよね」
つまり記憶喪失。そう言いたいのだろう。
だが、稲田のことははっきり覚えているので、仮死剤かなにかで眠らされていたと考えるのが筋だろう。
「まあ、自分はただ、『天国市場』で蟹セットを頼んだだけですが、何か?」
「もしかしたら、その会社がアヤシイんじゃないか?」
唐突に、嬉々と稲田が会話に割り込む。
「だって、商品取り扱ってるところが梱包とかしてるんじゃないの?」
「確かにそうかもしれないが、大体は直送とかじゃないかな」
「いやいやいや、それは無い。最低でもチェックはするだろ」
いつまで経っても結論は出そうに無かったので、直接『天国市場』内のサイトから調べてみることにした。

『天国市場』。今や日本のオンラインショッピングの雄ともいわれるサイトだ。『天国市場』には数多くの店舗が出店し、そこで商売を行う。色々な企業が店を開いているということで、取り扱う商品の種類は豊富だ。
「へ~!こんなサイト、あったんだ」
真田は目を輝かして、『天国市場』を閲覧している。マウスとキーボードが、目にも止まらぬ速さで動き、タップし続けられる。
そして、あるサイトに辿り着く。
「お!『天国市場』が求人やってるよ~」
真田が、冷蔵庫から取り出した腐りかけのヨーグルトを手づかみで食べている稲田に呼びかける。稲田は食べていることがバレると思ったのか、おもむろに冷蔵庫に隠す。
「ま、マジ?」
「ほんと。ほら、見てみて!」
真田が指差すところには、さわやかな職場風景や社長のありがたいお言葉が掲載されていた。
「さて、どんな職種を募集しているのかな……、あれ?」
真田がページを閲覧しているうちに、あることに気づく。
「『グレートなオポチュニティ』って、何?」
「は?日本語でおk」
「なんか、職種紹介で『レアなエクスペリメントをゲット出来るグレートなオポチュニティです』って真顔で書かれてる」
自分も気になったので、そのページを覗く。
そこには、日本語なのか英語なのかよく分からない独自の言語が展開される、不思議な世界が広がっていた。
「なんだ、これは?」
「きっと英語かぶれの人が書いたんだよ」
なぜ、ルー語みたいにわざわざ書く必要があったのか?恰好をつけたかったのか?真意は書いた本人に聞いてみないと分からないので、何ともいえないが、日本語のページなんだから、普通に日本語で書いていいんじゃないか?とは思ったが、何か意図があるのだろうと結論付けた。
「とりあえず、全文読んでみるか」

『トゥデイ、ジャパンではデフレーションがエスカレーションしてイング。リアルなシンキングがキャンなヤングマンがトゥモローをメイキングをドゥするのです。さあ、ユーのドリームに向かってネバーエンディングストーリー!』

「何が言いたいんだ?」
稲田は、鼻をほじりながらなめた口をきいている。
「最後なんか映画の名前だぞ」
「私じゃ、ここ、就職出来ない……」
大丈夫。就職出来るとは思っていない。
「今の求人はみんなこんな感じなのか?」
自分が、不意に切り出す。
「え~と、う~ん、みんな、こんな感じってわけじゃないけど、そういう会社は増えてるよ」
「グローバル化、グローバル化っていっても、何も社内の言語をルー語にしろとはだれも言ってないだろ」
そうか。最近国際化が叫ばれているから、社内の言語を英語に統一し始めているのか。これからは英語も喋れなければ、日本の企業への就職も難しいということか。
「じゃあ、お前らも、就職できるように、今日から日本語禁止な」
「「え~~~~!!」」
その言葉に二人は、床に腹這いになり対抗する。
「オウッ、オウッ」
「オウッ~オウオウ」
「お前ら、オットセイのふりしても無駄だぞ」
「「in English, please?」」
「別に自分は日本語で良いだろ!!!!!!」

今日も就活は何も進展は無かった。
真田の謎が深まるばかりであった。
スポンサーサイト

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。