帯に短し襷に長し

不謹慎な行動が目立つ天川榎が面白いことを不定期に 書いてるブログです。気に入ったら、お気に入りに追加しちゃって下さい!相互リンク受付中! 現在不定期で小説を公開中です。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポケットモンキー・・・縮めて、ポケモン。

はいはい。DJ.Fです。


やばい。

部活さぼりまくってる。

先輩やばい。


宇宙やばい。


てなわけで、始めます。



たぶんそれは、夢なんじゃないか?非現実と現実の狭間が、俺の中で狂い始めた。どれもこれも



彼奴のせいだ。


FLASH   


第二回  地獄変



目覚めると、既に風景が様変わりしていた。
今まで殺風景な部屋から、青空とコンクリートビルが軒を連ねている市街地になっていた。

「ここが、未来か・・・」

俺自身も、既にこの現実に半ば諦めかけていた。

「やあ。元気!?顔色悪いな、お前」

何処か機械的、だが人間味のある声がタイムマシーン内に響き渡った。

「だ、誰だよ。タイムマシーンには俺しか居ないはずだが」

俺の背筋に、ドライアイスをぶつけられた様な衝撃が走った。手が小刻みに振動している。
(もしかして、未来人に見つかった?やべぇ!!殺される・・・)
「お前、実は独身だろ」
「は?」

その声の主の正体は直ぐに分かった。彼奴が仕掛けた、オペレーションロボット「セレス」だった。

(何でこんなモンが入ってんだよ!ビックリしたぜ)

「ところで、この世界の西暦は何年だ?」
「3052年、ってとこかな」
「ってとこかな、ってちょっと!俺が居た時代からざっと1052年後か。何でこんなとこ来ちゃったんだよ・・・」



「あなたは、使命が有るから未来に来ることが出来たのです」



セレスは、声色を変え、常人には理解不能な宣言を俺に投げかけた。


「どういうことだよ。説明してくれ」
「つまり、『未来に影響を及ぼす者しか、時空を超えられない。』ということです。よって、あなたは、「選ばれし者」とでも言っておきましょう」
「へぇ。で?」
「で、って言われても、困る」
「使えねーロボットだな」
「この世界では、「ロボット」は差別用語です。失礼な人間です。この世界では、「ロボット」ではなく、「アンドロイド」と呼んで下さい」
「さっき自分のこと、「ロボット」って言ったじゃん」
「あ!」


そんなこんなで、人間とロボッ、じゃなくて、アンドロイドという異色のパーティが出来上がった。

                      *
 そろそろ、タイムマシーンも飽きたので、外の空気を吸うことにした。

昔と変わらず、無機質な世界に緑のスペース。人間は、考えが短絡的。この辺全部緑にして、コンクリ塔達を一本に纏めれば、地球温暖化だって・・・そういえば、昔に比べて涼しいっていうか、寒い!

「なんか、寒くないか?」
「私は別に。なにしろ「アンドロイド」ですから。あと、ついでに言っておくけど、後もう少しで地球は氷河期に突入するんだって」
「え?」
「だから、今地球の季節は「解(かい)・水(すい)・結(けつ)・氷(ひょう)」っていう名前になったんだ。」
「じゃあ、「地球温暖化」はどうなったんだ?」
「地球温暖化か。懐かしいな。地球温暖化は、実はデマ。地球には、「温暖期」っていうものがあることに、気づいたんだ。ほら、よく考えてみて。最近噴火や地震が多いじゃん」
「あ!そういうことか」
「そう。つまり、知らず知らずに、熱は色々な所から放たれていた、っていう訳」
「っていうか、ホントかよ」

内心、ココは本当に未来なのか、疑問だった。やけに、俺の時代に有ったものが、未だ地球に居座ってやがる。もしかして、旧市街地か?

「着いたよ。ここが、貴方が住んでいた、「旧市街地」です」


それは、あまりにも、目を瞑りたい光景だった。

最初に見た物は、美化された物だと、ようやく気づいた。

「ここは、「第三次世界大戦」で、核爆弾が炸裂した町、「青木町」。今は、世界遺産として、保存されているわ」
「そんな・・・、ふざけんな!そんな訳あるか。「ニホン」は、戦争しないんじゃなかったのか?」
「そんなの、嘘に決まってるじゃん。「ニホン」は、中国とアメリカ合衆国との戦いに巻き込まれ、中国側に付いた。それの報復として、ココに核爆弾を落とした。訳の分からない内容で、ココは跡形も無く破壊された::。
 その後、中国は、その報復として、アメリカ合衆国を総攻撃した。そして、中国の大勝利に終わった」

「そう、なんだ」

俺は、後に続く言葉が思い浮かばなかった。

「あなたには、この現実を阻止するために、働いてもらいます」


「え?それとこれとは、関係無いだろ」
「実は、時空分岐は、貴方の決断から始まっていたのです」




(第二回 終)



では、さよなら!
スポンサーサイト

Going to the summer

そろそろ、本格的な夏ですね・・・。DJ.Fです。


前回か前々回に報告した「あれ」ですが、全然後編が出来てないので、短編を少々。


即興ですので、修正版は、後々。

では、始めます。




世界には、理論とか、不思議現象とか、ヘンなものが溢れているような気がする。しかし、自分には、全て嘘としか思えない。

特に、タイムマシーンなんか。

人間は、何処まで可笑しくなれるのか・・・


俺の妄想は、無限に広がっていくばかりだった。


FLASH(全三回)
第一回 キミのみたもの

いつものように電車に乗り込み、学校に向かった。

窓から見える風景は、不気味にそびえ立つコンクリートの塊と、ただただ流れるだけの白い物体と澄んだ青い空。

・・・都会は嫌だ。



そんなこんなで、学校の最寄り駅に着いた。

いつも友人と待ち合わせをしているので、大体10分程待つ。

彼奴は、いつも平気で約束の時間をオーバーしてやってくる。
だけど、それでも良い。なんせ、彼奴は、「天才博士」ですから。

「すまん、遅れた」

「堂場和博」・・・それが奴の名だ。

「今日は、何の研究してたんだ?」
「ああ、今日は、昨日の続きだよ。三年間掛かった研究が、遂に終わりそうなんだ」
「やめとけ。あんなモン出来る訳ない」
「もう既に、動物実験はしました。完璧です」


まさか、あの時読んだだけの物理学の本でこれだけの成果を上げられるとは・・・。恐るべき天才。

「という訳で、放課後理科室来てくれ。最後の調整段階だから」

そんなこんなで、奴主催の「SF研究部」に招待された。


                     *

放課後、騙されたと思って理科室の前まで来てみた。

どうせ、タイムマシーンなんて作れるはずがない。作れたとしても、大学教授レベルだ。その前に、俺はタイムマシーンなんて信じない。

俺は、奴を鼻であしらってしまった。

しかし、理科室に入った瞬間、何かいつもの空気と違った。


目の前に広がっていたのは、そびえ立つ巨大な物体だった。


「やあ。遅れてすまない」

奴は、呑気に笑ってやってきた。

「こ、これ、どうやって持ってきたんだよ!」

「ああ、気にしない気にしない」

気にするよ。


「それで、見せてくれよ。タイムスリップする瞬間をよ」

「なら、キミが乗ってみれば?」

ちょっと待った。何で俺が乗らなきゃいけないんだ!
結局俺は動物扱いか?ひでぇ奴だ。

「お前が乗れよ。やっぱ作った奴自身が乗った方が、今までの苦労が晴らせるんじゃないか?」

「それはそうですが、ボクはいつでも乗れます。だから、今しか乗れないキミに頼みたいんです。」

確かに。だが・・・、どうせ偽物だろう。「うわーすごい」とか叫んでやりゃあ、彼奴も満足するだろう。

「よし!じゃあ、乗ってやるよ」

「分かりました。ではこちらへ」

言われるがまま、タイムマシーンに乗り込んだ。

もしかすると・・・、いやいや。タイムマシーンなんかできっこない。

俺の頭は、非現実的な今の状況についていっていなかった。

頭がこんがらがってきた。

奴は、俺をタイムマシーンの座席に案内した後、ここから離れた。

「じゃあ、緑のボタンを押して」

「分かった分かった」


何も考えずに押してしまったのが、馬鹿だった。


周りの景色はたちまち砂嵐のようになり、暫く経ったあと、強烈な光が俺を襲った。


俺は、思わず目を閉じ、




気絶してしまった。




<第一回 終>



では、さよなら!








自粛。

はいはい。DJ.Fです。

と言うわけで、今日は、歯医者に行きました。

理由はもちろん、虫歯です。


早速歯を削るのかと思いきや、ブラッシング指導・・・

虫歯になったのは、中一の時になった以来なので、久しぶりの、モスキートノイズと、体中を蝕む、ドリルの衝撃。

死ぬ・・・

そして、30分程経って、遂に、手術開始。


自分が思っていた程痛くは無かったのですが、それでも痛いです。

皆さんも、虫歯にならないように、十分気をつけて下さい。


では、さよなら!!イタタタタ・・・

...続きを読む

再開。

と言うわけで、どうも。DJ.Fです。

色々な流行物に踊らされ、更新を怠ってしまい、誠に申し訳ありません。


現在執筆が滞っている例のあれですが、7,8月に、集中連載しようと思います。


現在、ブログの題名や、何やらを変えようかな、と思っている今日この頃です。

では、さよなら!

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。