帯に短し襷に長し

不謹慎な行動が目立つ天川榎が面白いことを不定期に 書いてるブログです。気に入ったら、お気に入りに追加しちゃって下さい!相互リンク受付中! 現在不定期で小説を公開中です。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元素と単位って、似てるようで意味は全然違うらしい。

どうも!DJ.Fです。

今日は、暴風雨に見舞われ大変でした。
どこかの地域では、竜巻が起こったらしいです。

では、始めます。


今日は、ウィキペディアのネタの中から(というか、このコーナーをレギュラー化しようと思います。)元素の分野の中から
水素
について、ちょっとだけ語ります。

水素は、全宇宙の中で一番軽い原子(元素)で密度は0.0899 kg/m3しかありません。
実は、宇宙で一番多い物質は水素です。(宇宙の質量の約55%)
一番手頃に手に入る気体と言っても良いでしょう。

水素は、昔は飛行船に入れて浮遊するために使われていましたが、1937年に「ヒンデンブルク号(水素を使った飛行船)爆発事件」により水素ガスからヘリウム(水素に次いで軽い気体)ガスを使うようになったという話もあります。

水素は、空気(正確に言えば酸素)に触れると水になります。
さらに、水を電気分解すると水素と酸素に分離します。
この逆をして作られたのが燃料電池です。

水素がなければ、水が出来なかったし、水が無ければ、当然生物は生きることが出来ません。
つまり、水素は全てが成り立つ上で最も重要な物質ということです。

では、さよなら!

参考ホームページ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E7%B4%A0



FC2ブログランキング

スポンサーサイト

今日は何の日?フッフー!(おもいっ○りテレビのパクリ)

どうもー!DJ.Fです。

今日は、土砂降りの雨が降っていたそうです。(雷も鳴っていたらしい)
屋内にいたので、気が付きませんでした。


「今日は何の日?」も実はウィキペディアに載っているんです。
ということで、過去の今日にあったこと(色々)を紹介します。
1820年の今日に、あの「ミロのヴィーナス」が発見されました。
1921年 に 国有財産法・借地法・借家法が公布されました。
更に、1959年に あの有名な週刊誌『週刊文春』が創刊されました。

次に、過去の今日に生まれた有名人を紹介します。
1938年にコフィー・アナン(第7代国連事務総長)が生まれました。
更に、 1952年に桃井かおり(俳優 )、1953年に萩原流行(俳優 )
そして、1966年にボビー・オロゴン(タレント·格闘家 )、1967年にピエール瀧 (電気グルーヴ)が生まれました。


そんなこんなで、結構この日に生まれた有名人は今でもある程度の知名度を持っている人が多いです。

4月8日に生まれた、皆さん!お誕生日おめでとうございます。


では、さよなら!


代理ネタ(ピンチヒッター)「ウィキペディア」

ど~も!DJ.Fです。

音楽ネタを補充するため、代理ネタの「ウィキペディアのネタ」を今日の話題とします。


今週の「ウィキペディア」!
今週の拾いネタは・・・
円周率の歴史です!

円周率といえば、3.14・・・・と永遠に続く無理数{有理数(分子・分母ともに整数であるような分数)で表すことのできない数字}です。
円の面積を求める時など、身近な所(?)に存在する円周率ですが、これを何桁まで求められるかを今まで競われてきました。
この円周率は、既に紀元前1650年に約 3.1605 という吃驚(ビックリ)するほど正確な円周率が求められていました。
その後(紀元前1650年~12世紀)、正多角形を使って求められ更に正確な円周率が出るようになりました。この頃に、円周率を表す文字「π」が使われるようになりました。
13世紀頃から、方程式を用いて円周率を求めるようになりました。
15世紀から、その方程式を改良して円周率を速く求められるようになり、最近になってパソコンを使って超高速に円周率をもとめられるようになりました。

「身近じゃないけど身近にいる。」それが円周率だと思います。

では、さよなら!

円周率の歴史
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%86%E5%91%A8%E7%8E%87%E3%81%AE%E6%AD%B4%E5%8F%B2



FC2ブログランキング







Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。