帯に短し襷に長し

不謹慎な行動が目立つ天川榎が面白いことを不定期に 書いてるブログです。気に入ったら、お気に入りに追加しちゃって下さい!相互リンク受付中! 現在不定期で小説を公開中です。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帯に長し襷に短し

こんばんは!DJ.Fです。


今日紹介したい映画が、ありまして、

その映画は、「ピンポン」という漫画を描いた、松本大洋が、10数年程前に描いた、「忘れ去られそうになった、名作」が、遂に、映画化します。

その名は、
鉄コン筋クリート
です!

既にご存じの人もいると思います。

この作品の、言いたいこと。

それは・・・


http://www.tekkon.net/site.html


に、書いてありますので、是非見て下さい。

では、さよなら!
スポンサーサイト

逃げちゃだめだ、逃げちゃだめだ、逃げちゃだめだ、逃げちゃだめだ、逃げちゃだめだ、逃げちゃだめだ、逃げちゃだめだ、逃げちゃだめだ!!!!!!!!!!

どうも!!DJ.Fです!
昨日は、本当にすいません!
いつの間にか、気を失っていたんです!
皆さんに、お詫び申し上げます。



さて、今日は、映画の紹介を急遽させていただきます。

今日の映画は、
もののけ姫
です。

この映画自体は、戦国時代が舞台なのですが、現代に通じるメッセージが込められた、美しく、グロく、そして悲しい物語です。

今日(こんにち)になっても、人間は自然との協調の方法を模索しています。
戦国時代では、自然(森林ともいう)は今より倍以上ありました。
しかし、そんなありふれた自然の大切さが、人間には解らなかったのです。
人間は、自然界で唯一、自然を壊せる存在であり、自然を造ることもできる存在です。

人間は、あまりにも気づくのが遅かったかもしれません。
ここまで、自然を壊したのに、気づかないなんて・・・。
と思った人もいたと思います。
しかし、ここまで自然を壊し、やっと自然の大切さに気づき、最近になって、自然は再生の動きをみせ始めました。

人間が気づかなかったら、この地球は100年後には滅んでいるでしょう。
もしかすると、人間が気づいたとしたも、200年後には滅んでいるかもしれません。

そう、地球(又は生物達)が少しでも、滅びるのを遅らせるためにも、
今の現実から逃げないで下さい。

そして、できる限りの努力をしてみて下さい。
一人一人の力が、大きな力を生むのです。

100年後も、緑と青に彩られた美しい地球が見たいから・・・



では、さよなら。

ニュークラス、ニューライフ、ニューフェイス、ニューティーチャー。

ど~も。DJ.Fです。

学校がとうとう始まってしまいました。気が重いです。
クラス替えの件は、仲の良い(?)と一緒のクラスになったので良かった!

今日は、色々と準備するので

では、さよなら

嗚呼あああああ!!!!!!!!

どーも!DJ.Fです。

本当このブログって観客少ないですよ!
「○りボ○ツッ○ミ」の足もとにも及びません。
こんなダラダラしているブログですが、どうぞ末永く見守って下さい。


さて、今日は映画ノ日デス!
今日の映画ハ、

マイノリティ・リポート

ヲ語リマス。
(ここから、ほとんどカタカナになります。あくまで、今日のブログを書いているのは、外国人の友達のジョニー君です。)

「マイノリティ・リポート」ハ、CGヲ、フンダンニ使ッテ作ラレタSF映画デス。
主演ハ、アノ有名ナ

トム・クルーズ

デス!
シカモ、監督ハ、「E.T.」デ有名ナ

スティーブン・スピルバーグ

デス!!

コンナニ有名ナ二人ガ、タッグヲ組ムコトナンテ滅多ニアリマセン!!

コノ映画デ使ワレタCGハ、本物ニ近イレベルマデニナッテイマス。
モウ、日本ノ映画ナンカト比ベモノニナリマセン。
コレコソガ、マサニ

ハリウッド・パワー

デス!!!

皆サン、コノ名作ヲ是非見テミテ下サイ!
(かなりお見苦しかったと思いますが、ジョニー君が一生懸命書いてくれたので、許してあげて下さい。)

では、サヨナラ!

只今テンプレート変更中

ど~も~!DJ.Fです。

投票の中で、「テンプレート変えろ!」とご指摘が入りましたので、巷で話題の「2ちゃんねる」風なテンプレートにしてみました。
「気味悪い!!!!」という人は、早速投票して下さい。



さて、三月いっぱいは映画ネタの金曜日です。

今日は、「チャーリーとチョコレート工場」について語ります。

この映画は、かの有名な「ジョニー・デップ」が主演(?)の映画です。(何かの映画の中継ぎとしてやってたような・・)

一部の映画館では、上映中にチョコレートの匂いがするというギミックが施されて、何十人という人がチョコレートを食べたくなったことか・・・。まさに甘い誘惑です。

この映画のあらすじをいうと、
ジョニー・デップが社長のチョコレート工場に子供を招待して色々な工場の仕組みなどを見させられるのですが、どんどん子供が減っていき最後には・・・。みたいな話です。
現実じゃあり得ないことが、この話では実現しています。(物語なんだから、当たり前だ)

何故か知らないけれども、見終わった後無性にチョコレートが食べたくなります。(DJ.Fはレンタルして見たのに)
手元にチョコレートをご用意して、ご鑑賞下さい。


チョコレートには、甘いものから苦いものまであります。まるで人生みたいです。

では、さよなら!


いちおし!とも言えない映画。

ど~も!DJ.Fです。
何だか今日やたらと

風強かったですね。

家の窓が、ヒューヒューいってたんで相当ですね。


すいませんが、只今学校は事実上の春休みなので、

学校の記事は、4月までお休み致しま

す。


その代わり、暫くは金曜日のブログは月一回の映画を代替させていただきます。



ということで、今日は映画です!
今日のお薦め(?)の映画は、

ゼブラーマン

です。

この映画は、哀川翔の100本目の主演映画としてそれなりに有名になったのですが・・・。皆さん知ってますか?
おおまかなストーリー(というか設定)は、哀川翔(もちろん役柄で)が、たった7話で打ち切られた特撮ヒーロー「ゼブラーマン」に憧れて、コスプレをするまでになるまでのファンになってしまいます。
そこに宇宙人が現れ、地球人達に色々な悪さをしてきます。
そこに、「ゼブラーマン」のコスプレを着た哀川翔が宇宙人をこてんぱんにやっつける、というような立派な(?)ストーリーです。

ちょっと、見たい人に忠告したいと思います。

はっきり言って、グロいです。

そんなにとは思いませんが、度合いは「座頭市」をちょっと超える位です。(十分グロい域だとは思うが・・・)

兎に角、そういうものが嫌いという人は、見ないことをお勧めします。

映画って言っても、色々ありますね!

では、さよなら!

月刊 ムービーナビ 第一号 2/25

ど~も~!DJ.Fです!
今日は、月に一回の映画ネタの日です!

ということで、早速始めましょう。


最近の映画は、


CG使いまくってます。


これが、いわゆる時代の流れというのでしょうか?
昔の映画なんか、CGなんて当然無かった時代ですから、どうしても
映像のリアルさには限界があります。
しかし、今となってはコンピューターという名の便利な機械が出来た
ことによって、現実にない物を現実に近い物に成ったり、昔消えて
無くなってしまった物(タイタニック号など)を再現できることが
CGによって出来るようになったわけです。



さて、今月お薦めの映画は、「ラヂオの時間」です。
この映画は、あるラジオドラマの脚本の内容を巡って出演者や製作者達
によって内容がどんどん変えられ、最後には訳の分からない物語に
なっていて、もうとんでもないラジオドラマになってしまうという
コメディー映画です。
この映画の脚本を書いた人は、「古畑任三郎」で有名な


三谷幸喜です。



今、「THE 有頂天ホテル」という映画で有名ですが
その宣伝の意味合いも込めて、「ラヂオの時間」をテレビでやってて
偶然この映画を見て、虜になりました。


皆さんも、レンタルしたりテレビで観たりして、人間としての感性を
磨いてはどうですか?


では、さよなら!

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。