帯に短し襷に長し

不謹慎な行動が目立つ天川榎が面白いことを不定期に 書いてるブログです。気に入ったら、お気に入りに追加しちゃって下さい!相互リンク受付中! 現在不定期で小説を公開中です。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日、お会いした、○○さんですよね?

どうしようかな?DJ.Fです。

疲れたモンだし、試験近いし、手短に。



ACCELERATOR
第参話 戦うということ

「え?ボクの、ことですか?」
周一は、冷や汗で、額を濡らしている。

「まあ、名前を聞かなくても分かる。キミは、ワシの孫、大村周一じゃ!そして、ワシは、大村正三郎じゃ。」
突然、刀から、人が飛び出してきた。
そして、暫く浮いた後、地面に降り立った。

「ワシを蘇らせてくれて、ありがとう。そうじゃ、表が騒がしいが、何かあったのか?」
正三郎は、首を左右に曲げた。
「実は、UFOみたいなのが来て、お母さんとか、連れ去ったみたいなんだよ・・・」
周一は、うつむいた。

「なら、そのUFOを破壊してみてはどうだ?」
正三郎は、唐突に、こう言ってのけた。
「そ、そんな!滅相もない。もしかしたら、お母さんとか、いるかも知れないんだよ。」
周一は、恐れをなした。

「いや、大丈夫じゃ。ワシが今から教える方法なら、みんなが、助かる。」
正三郎は、ニコリと笑った。
「本当に?じゃあ、教えてよ!その方法って?」
正三郎に、周一は、一歩づつ、歩み寄った。
「「アクセル」を生成すればいいのじゃ。」
正三郎の話に、一同が、困惑の色を示した。

「な、何言ってるの!!もっと真面目なはなしを・・・」
「真面目なはなしさ。昔、ワシは、UFOを「アクセル」で次々と破壊した張本人じゃ。最期は、ワシが、「アクセル」に封印されたがな。」
「なら・・・、アクセルを、生成しよう!!一刻を争うんだ!!!」
周一は、「奴等」のことで、頭がいっぱいだった。

「なら、その辺の石ころを持ってこい。ほら、目の前にあるだろ。」
「うん。拾ったよ。」
「じゃあ、手のひらに乗せて、こう唱えろ。「聖なる神よ。この輝かざる石を、悪なる物を打ち破る力を与えよ!」とな。」

。「聖なる神よ。この輝かざる石を、悪なる物を打ち破る力を与えよ!」

すると、その平凡な石が、みるみる内に光り出し、手のひらの上で、何かが出来はじめて居たが、

「そうそう、そんなか、へっ、へっ、ヘークション!!!!」

と、勢いのあるクシャミを正三郎がした結果、自分の握っていた刀を、その光の中へ、入れてしまった。

「あ!ま、いいか。」
正三郎は、他人事のように、そっぽを向いた。

そして、遂に、光のベールに包まれていた、石ころは、見事な武器へと変貌を遂げていたが、剣なのか、刀なのか、分からない形になってしまった。

「すまん!!ワシのせいで、こんな形に・・・」
正三郎は手を地に付けて謝った。
「今は、謝っている暇は無い。早く、倒しに行かなきゃ!」
周一は、心に決めた。

これ以上、犠牲は出さない、と。
<第参話 終>



では、さよなら!
スポンサーサイト

実は、キミの後ろに、ずっと男の人が憑いてるよ。

ブログランキングのインサイダー取引は禁止です。DJ.Fです。

はい。更新しなくてごめんなさい。


そろそろ、反撃していいですか?(笑)


ACCELERATOR
第弐話 アクセル

兎に角走った。
怖くて。


服がビッショリになった。
暑い。暑い。


しばらくして、大村宅に着いた。

しかし、周一の母親が居る気配は、無かった。


「おかしい。絶対居るはずなのに・・・」
周一は、家中を見回った。
だが、居なかった。

「有り得ないんだけど・・・、地下室にいるかも。」
周一達は、地下室に行くこととなった。

「・・・・・・・、あ。あれって・・・、刀?」
白河は、地下室の奥を指さした。
「ああ。あれは、家宝「名も無き刀」だ。いつから有るのかは、家族のみんなに聞いても、知らないって。」
周一は、鼻で笑った。

「ほう。ワシを笑うとは・・・。」
刀から、声が聞こえた、様な気がした。

「か、刀から、こ、こ、声が・・・」
一瀬は、足をガクガクさせている。
「ちょっと、見てくる。」
周一は、刀に近づき始めた。
「ええ!?ダメだって。何が待ってるか、分からないんだよ?」
白河は、周一の手を掴んだ。

だが、周一は、止まろうとはしなかった。

「お、俺、な、何が、お、お、お、起きても知らないからなっ!」
一瀬の目が潤んできた。

周一は、刀の前に立った。
周一の息が、その刀に、掛かった。

「ふふ・・・。キミは、誰じゃ?」

<第弐話 終>



では、さよなら!







...続きを読む

ところがどっこい、Ⅴ月です。

うへへ・・・。DJ.Fです。


一昨日とか昨日とか、皆さんに迷惑かけてすいません。

「シャーマンキング」読まなきゃ良かった。

ということで、今日は前座にゲームでも語りましょう。




この世の中には、「隠れた名作」と言われるゲームソフトが数多くあります。

例えば、「カエルのために鐘は鳴る」というGAME BOY用ソフトがあります。

内容や、ストーリー等は、今となっては入手困難ですので、分かりません。しかし、名作だそうです。(by友人)

さらに、「メテオス」というNINTENDO DS用ソフトもあります。

これは、初期に出たソフトにもかかわらず、独特の操作感や発想の面白さ等で好評を得ましたが・・・・、当時はWi-Fiは認知されていない、宣伝力不足などで、普通に売れたものの、大ヒットには至りませんでした。

最後に、「大神」というPLAY STATION2ソフトもあります。

発売当初は、CMがバンバン(?)打たれ、知名度はそこそこあった物の、研ぎ澄まされた世界観や、荒削りされた独特のグラフィック、そして、感情を操作するほどの音楽・・・は、伝わらなかったようです。(by友人2)

・・・ということで、かなりのゲーマーであり、漫画をこよなく買い漁り、テクノというダークな音楽ジャンルの虜になり、・・・・

まあ、人生楽しんでます。

前置き長くなりましたが、始めましょう。

結局、「週刊オビタス」は、人が集まらなかったので、一人で、頑張ります。




混沌トシタ、コノ世ノ中。

世界ハ滅ビル。

我等ハ、反抗勢力ヲ恐レナイ。

我等ハ、容赦ナク、キミ達ニ忍ビ寄ル。

奴等、俺たちを雑魚と思ってるようだ。

へへ・・・、俺は奴等を恐れはしない。

「仲間がいれば、どんなことでも、乗り越えられる。」

ACCELERATOR
第壱話 予感


笹名坂の両脇は、全て、桜の花で彩られていた。

花は、いつも人の心を平和にしてくれる。

そう思い始めた、今日この頃だった。


「オイ!周一。遅いじゃん。」
一瀬が、ボクの方を向いて、こっちこっちと言わんばかりに、手を振った。

「ごめん。朝飯ゆっくり食ってたら遅くなった。」
相変わらず、ボクは無愛想だ。

「全く・・・、これだから周一は。」
白河は、照れくさそうに、こっちを向いた。

「今日は、久しぶりに河田に合えるのか・・・。楽しみだ。」


ところが、約束のA.M.11:00になっても、30分経っても、1時間経っても、河田は連絡もなく、結局来なかった。

「何だよ・・・。何で何の連絡もよこさないんだよ!」
一瀬は、口を尖らせた。

「まあ、ココで何も食わずに待ってるのも何だし、河田だって、ボクの家知ってるし、ボクの家に上がりなよ。」
ボクは、こっちこっちと、友人を手招きしたのです・・・

ところが、


「あれ、空にヘンなのが飛んでるよ。」
白河は、空をじっと見つめている。
「あ!あれって、「UFO」じゃない?やべ!写真とっとこ。」
一瀬は、ポケットから携帯電話を取り出し、写真を撮り始めた。

「ちょっと待って!あの「UFO」、近づいてない?」
ボクは、気づいた。あの物体は、只空中を浮いているのではないことを。きっと、人間を連れ去るんだ。と、自分の中で妄想していた。

しかし、それは皮肉にも、現実となった。

「キャアアアアアア!!!!!」

女性の甲高い叫び声の方を向くと、あの物体が、人を連れ去り始めていた。

「マジかよ・・・、早く周一の家に行こう。」
一瀬は、ガクガク震えている。

「そ、そうだね。は、早くいこ。」
それ以上に、ボクが震えていた。

こんなことがあって良いのだろうか。
ボクは今見ている全ての物を疑った。


ボクらは、大村周一宅へと向かい始めた。

ボクは、UFOと必死に戦う人影を見たが、気に留めることは無かった。

<第壱話 終>



では、さよなら!

「ACCELERATOR」は、DJ.Fの創作物です。(一応)
この小説は、フィクションです。(もちろん)






...続きを読む

AIR

よろしく。DJ.Fです。


行き当たりバッタリな、更新で、すいません。

まあ、気分を変えて、違う小説でも、書くとしましょう。




accelerator(全十数回)パイロット版
プロローグ

いつもとは、ようすが、ヘンだった。

空は、赤く、人が、全く歩いていない。

よく見ると、何か、怪しい飛行物が、飛び交っていた。


ボクは、足早に、家に、向かって歩いていた。








Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。