帯に短し襷に長し

不謹慎な行動が目立つ天川榎が面白いことを不定期に 書いてるブログです。気に入ったら、お気に入りに追加しちゃって下さい!相互リンク受付中! 現在不定期で小説を公開中です。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

びるといんすたびらいざー

実を言うと、11月は充実し過ぎてブログの更新が月一に成りかねない。

どう見ても、サボり魔です。

頑張ります。



MASK OF HEART
第六十四章 Incident

その頃、マタムネ達は・・・


ヨウの足がおぼつかなくなり、地面に吸い寄せられるかのように、倒れた。

「ヨウ!!!」
マタムネが直ぐさまヨウの元へ駆け寄った。
「一体どうした、・・・あれ?」
イッパクは何かに気づいた。

「どうした?」
デナが、イッパクの方へ近寄った。其れに釣られたのか、マサヨシも付いてきた。

「手紙が、服のポケットから出てきた。なになに?・・・」



皆さんへ


   おそらく、この手紙を読んでいるということは、ボクが意識を失っている時でしょう。最初に言っておきます。ボクは、人間ではありません。ボクの正体は、グラモスに作られたアンドロイドです。今のところは、人格が制御出来ていますが、そろそろ限界に近づいています。
  そこで、ボクは以前老人からこっそり教えてもらった方法を使って、ボクの他の人格を淘汰します。そのためには、一時意識喪失を伴い場合によっては、死に至ることも十分有ります。
皆さんにお願いが有ります。ボクをリアル・ヘブンに運んで下さい。

                                 ヨウ

P.S.

今まで協力してくれて、ありがとう。たの



ヨウの手紙は、書きかけだった。

そして彼らは、何かを悟ったかのように、屋敷から出発した。


                                *

屋敷を出ると、空にもう日は浮かんでいなかった。

彼はこの真黒の闇から、這い上がれるだろうか。
もし、ヨウが死んだら、俺たちどうすりゃいい?

俺たちなんか、・・・


「やあ、皆さん。揃って夜会にお出かけですか?」

燕尾服を着た、若い青年が、マタムネ達に呼びかけた。

<第六十四章 終>





スポンサーサイト

gdgd

MASK OF HEART
第八節 こころがきみをよびさます
第六十三章 in and out

・・・

意識が・・・朦朧になってき、あ。

ヨウの意識は、白いキリに包まれた。

                       *

目の前には、白いモヤモヤが広がっていて、地面は芝で覆われていた。

何処か遠くの方から、足音が聞こえてきた。

「ようこそ。此所は黄泉の国」
よれよれの黒服を着た、中年男性が現れた。

「あんたは、何モン?」
ヨウは、額に皺を寄せた。

「黄泉の管理人、「ゲル2153」。所詮、プログラムさ」
ゲルと名乗る男性は、姿を消した。
「ちょっと待ってくれ!此所は、な、何なんだ?!」
ヨウは、辺りを見回し、叫んだ。





あんたの意識は、肉体から除外され、「レレ」というこの空間に飛ばされた。つまり、「死」んだことになっている。




「え・・・、」
ヨウは、放心状態に陥った。

「だが、しっかりとした意識が有るなら、復活出来るかもな」
彼の声が響き渡る。


「もしかして、ラルースって言う奴が来なかったか?」


「ああ。ついさっき」


「それで、肉体に戻る方法は?」


「お前の「こころ」を取り戻せ・・・。これ以上は、言わん。じゃ」


それっきり、ゲルの声を聞くことは出来なかった。







like you.

へーい。DJ.Fです。

小説のネタも、段々溜まってきたことですし、再開します。

では、始めます。


MASK OF HEART
第六十二章 やみ

「お前、体、ちょっと貸せ。」

自分に、問いかけてくる、もう一人の自分が。

「仕方ない。但し、1分で終わらせろ。」

「あいよ。」


「てめえら、俺が黙ってみてりゃ、調子乗りやがって・・・。」

「幼年」のヨウが、目を覚ました。

「喰らえ。「ゼロベノス」!」

その瞬間、辺りは全く見えなくなった。
まるで、瞼を閉じたかのように。

「うわああああ!!!!お、お前、もしや・・・」
ハッパクは、子犬のように震えている。

「出迎えは、もっと盛大にしろ!盛大に。あと、奴らに、「イッパク」が帰ったと伝えとけ。」
「は、はい・・・」
              *
「元・イッパク様のお帰り~!」
屋敷の門番は、高らかに叫んだ。
「おいおい。「元」は余計だ。」

「お帰りなさい。この日をどれ程待ち侘びたことか・・・」
現・イッパクは、歓喜のあまり、頬に涙が伝った。
「まあ、1000年以上あってないしな。超久しぶりの再会だな。・・・!」
「幼年」のヨウの体は、氷のように固まった。

「・・・よこせ。俺の体だ。」

「や、止めろ!!未だ30分しか・・・」
「どうしたんです・・・か?」
イッパクが、ヨウに問いかけたが、声は届かなかった。

「だから、前の戦いで、グラモスに勝てなかった。そうだろ?そういうお前の「邪悪」が、負けを引き起こした。」

「な、何を言ってるんだ?俺は・・・」

「悪いが、俺は、戦いたくて、うずうずしてるんだ。」

「あ・・・、や、やめ・・・」


「ふ~ん、1000年以上、ね。それは可哀想に。」
<第六十二章 終>
<第七節 終>



では、さよなら!

last&lost

はーい。DJ.Fです。


え~

ある女性とある男性のサイコキネシスバトルで、

自分は地球の塵を仲間にし、

仲間の力を、集めて放った宇宙への交信は、

見事に出来ませんでした。

結局サイコキネシスバトルは、自分の敗北となりました。


この文章を理解できた人は、
通です。

では、始めます。


MASK OF HEART
第六十一章 GAME

「うわああああ!!!」
ヨウの叫び声が、森林に、こだました。


「ん?誰かの叫び声だ。」
マタムネは、耳を澄ませた。
「・・・やっぱり。ヨウだ!」
3人は、慌ててゼロ湖を飛び出した。

「へ!そんなに弱かったか?PR!PRこそ、世界を滅亡させる存在・・・のはずだが?」
飛びかかった男は、額に装甲右腕を当てて、クスクス笑っている。
「っていうか、君達の名前は?」
ヨウは、唐突に突っ込んだ。
「え~、飛びかかった方が、「ハッパク」、そして俺は、「キュウシ」だ。」
キュウシは、何故かお辞儀した。
「ふ~ん、で、何の用?」
ヨウは、顎に手を当てている。

「君の存在を、消す。」

「行くぞ!Lv.Ⅰ!ゲマルガ!!!!」
二人は、装甲した。


くそ・・・、俺は未だLv.Ⅰを解放したばかり・・・。
ここで装甲すれば、確実に自分の人格は崩壊する。
かといって、ここで逃げたら、ずっと追われる立場になる。

何か、良い方法は・・・
<第六十一章 終>



ハッパク、キュウシの名は、「九星」から取りました。
組織名は、お楽しみに。

では、さよなら!




words magic

はい!DJ.Fです。

はいはい、なんかマニアックですね。

このストーリーなら、打ち切りになりかねない・・・

では、始めます。


MASK OF HEART
第六十章 Third

「イヒヒ・・・、今日は楽しくなりそうだ。」
「そのようだな。世を滅ぼす者には、早く手を打たなければ・・・」


ヨウは一人、ゼロ湖から離れ、森林を歩いていた。

「くそお・・・、歩いても歩いても、森ばっかだよ。」
ヨウは、へばっていた。

「お兄さん、そこでなにしてんだい?」
おそらく、20代の若者の足音が、段々大きくなっていく。
「反乱者!ここで大人しくしろ!」
いきなり、もう一人の男が、飛びかかってきた。

「お前ら一体、何者だ?」

<第六十章 終>



なんだか、ストーリーが複雑化してきてるような。

では、さよなら!

D.M.E.(デジタル・ミュージック・エンターテイメント)

ピンポーン!DJ.Fです。


すいません。
冒頭文のネタが無くなってしまいそうです・・・

強いて言うなら、最近再びアクション漫画を読みあさることが趣味になってきたこと・・・。

まあ、動きが速くて、特殊能力もあり、ストーリー性があれば、それで十分です。

では、始めます。



MASK OF HEART
第五十九章 3minds

老人は、ヨウのこと、自分のことをマタムネ達に話した。

「私は、昔グラモスの研究の助手をしていた。確か、プロトタイプのアンドロイドは12体あったはずだ。その全てのプロトタイプには、本物の「ヒト」から取り出した、「I.D.(Intelligence Device=知能装置)」という物が埋め込まれており、それぞれの人間でいう心臓辺りに、「こころのQ」がある。これは、人間の「マドウ」のパワーの限界を超えるために作られた物で、装甲右腕(ゲマルガ)、装甲左腕(ゲマルゴ)、装甲脚(ゴメウス)、装甲胴(レナジオ)、装甲頭(デモラメ)が、それぞれLv.Ⅰ、Lv.Ⅱ、Lv.Ⅲ、Lv.Ⅳ、Lv.Ⅴとなるが、PRだけは、Lv.Ωが存在する。これは、装甲する物ではなく、金属化(メタル)することを言う。メタルすることにより、身体能力は、Lv.Ⅴの一億倍とも言われているが、定かではない。さらに、ヨウ(アラバナ)の場合は、悪成体(フラ)の人格と、幼体(メロ)の人格、そして成体(テス)の三人格が共存しているが、Lv.Ⅰの覚醒により、共存のバランスが崩れ、ヨウの人格は現在不安定な状態だ。そして、ヨウだけの特殊な例なのだが、フラとは名ばかりで、正式な悪成体ではない。だが、早く手を打たないと、彼の人格は3つとも破壊され、死ぬだろう。とにかく、このことを理解してくれ。」

「は、はい・・・」
マタムネの返事には、戸惑いと不安が混じっていた。
<第五十九章 終>



今回というか、最近は哲学っぽくなってしまいましたが、これからのストーリー上、全て説明しなければなりません。
さらに、書く手間を省くため、BL○ACHみたいに専門用語増えて御免なさい。

では、さよなら!

行きはよいよい、帰りは傷だらけ。



ガオー。DJ.Fです。

最近は、残り少ないお年玉で、色々な物を買い過ぎました・・・

まず、「ツール・ド・フランス」(上図右)を買い、

そのあと、書店で、「鉄コン筋クリート ALL IN ONE」も買い、

昨日は、「MINIMUMーMAXIMUM」(上図左)を買ってしまった・・・

ということで、暫く謹慎です。

では、始めます。


MASK OF HEART
第五十八章 ひとり

「「悪」のプログラムを、「あの時」に入れられて、記憶が・・・」
老人は、ガクガク震えている。

「あっ・・・、う・・・、?!」

突然、ヨウの脳裏から、「何か」が、蘇ってきた。
「やっぱり・・・、この時を、ずっと、待ってた。」
ヨウの口調が、まるで、別人の様になった。
「「あの日」以来、ボクは、ずっと、閉じこめられてた。」
ヨウ・・・、いや、ヨウの中の何者かが、震えた声で、言った。

「ま、まずい!!!」
老人は、あたふたしているが、どうすることもできない。

「「グラモス」を、倒さねば・・・、うっ・・・」
ヨウは、頭を抱え、そのまま、倒れた。

<第五十八章 終>



では、さよなら!

Kraftwerk in Ewigkeit!

Guten Tag. Mein Name ist DJ.F.

上の文章は、ドイツ語で、「こんにちは。私の名前はDJ.Fです。」という意味です。

じゃ、始めます。


MASK OF HEART
第五十七章 偽善と偽悪

ゴオオオオン!!!!
衝撃波が、耳に入ってくる。
耳の中で、とてつもない音が、反響し続けている。

ヨウは、目の前が、ぼやけ始めた。

「くっ・・・、やっと、「悪」が出れるチャンスで、しかも、体を乗っ取れると思ったのに・・・・、くそおおお!!!
ヨウのゲマルガは、白色に、染められていく。

「ふう・・・、世話かけやがって。」
そう、老人は、呟いた。

次の日、ヨウは、まるで何かに驚いたかのように、目覚めた。
「あれ・・・、俺、途中から何してた?」

「あんた、暴れてたよ。」
マタムネは、溜息をついた。
「え?」
ヨウは、頭を掻きむしった。
「あんた、偽善者なんじゃない?」
デナは、そっぽを向いている。

「ヨウ、REAL-HEAVENに行け。君は、そろそろ、自らの「悪」に、決着を、つけるときなんじゃないのか?」
老人は、無表情だ。

「確かに、俺は偽善者かも知れない。だけど、この世界に、早く、平穏をもたらしたいという気持ちは、本当なんだ!」
ヨウは、必死に、叫んだ。
「ほんとは、この世界を、俺の物にしたいんだろ?」
「黙れ!!!お前は、・・・ん・・・、うわあああああ!!!!」
ヨウの頭に、割れそうなほど、痛みが、走った。


「こいつは、もしかしたら・・・」
<第五十七章 終>


では、さよなら!

NO SUN

Yeah!DJ.Fです。


最近、風邪が流行っているようで、クラス中が大変です。

とにかく、風邪ひいた人は、安静に、ご飯はしっかり食べ、良く寝ることをお薦めします。

風邪ひいてるみんな!頑張れ!
そして、風邪ひいている俺、頑張れ!

では、頑張って、始めます。


MASK OF HEART
第五十六章 己(おのれ)

「じゃあ、早速、お前に、稽古をつけてやる。」
老人は、指をポキポキ鳴らしている。
「え・・・、そんな・・・」
ヨウは、ブルブル震えている。
「なら、こっちから!」
老人が、飛びかかって来た。

「うわあ!」
ヨウは、サッと避けた。
「どうした!!何に怯える。」
老人は、頬を緩ませた。
「え・・・、いきなり・・・来たから・・・」
ヨウの足が、ガクガク震えている。
「なら・・・、Lv.Ⅰ!!!発動。」
そう唱えた瞬間、老人の腕に、蛇をモチーフにした、装甲腕(ゲマルガ)が、現れた。
「うわあ・・・・・・・・・、信念、信念、信念を持たなきゃ・・・、俺は、俺は・・・、み、みんなを、守りたい!!!」
怯えたヨウの腕から、突然、眩い光が、放たれた。
「やっと、来たか。」
ヨウの腕に現れたのは、謎の紋様と、眩い光を放つ、「実体の無いような物」が、現れた。

「アラバナ。そのゲマルガは、「今の君の「こころ」」を実体化させている。つまり、善であればあるほど、悪であればあるほど、強くなる。」
老人は、硬直している。
へ!俺は、善じゃない!悪だ。
その瞬間、ヨウのゲマルガの色が、黒に変わった。
「やばい!Lv.Ⅰに「こころ」が、反発反応が起きている・・・。我が止めてやろう。」
突然、老人のゲマルガが巨大化した。
「ゼルバトラス!」
老人は、衝撃波を起こした。
その瞬間・・・
<第五十六章 終>


では、さよなら!

ところで君はDJ.Fを見たか?

ありがとう!DJ.Fです。

一週間のブランクを経て、元気が100倍(?)になりました!

そして、来場者が9000人を突破しました!!!

感謝です。

では、始めます。


MASK OF HEART
第五十五章 信念

「マドウ」。
この存在が、確認されたのは、2400年。
一人の、時空を超えた科学者によって。

その名は、「グラモス・アルバード」。
彼は、絶対的なマドウ制御のために、Qを作成した。
それぞれのQには、M.O.T.といわれる、制御コンピューターが搭載されている。
そのコンピューターには、A.I.が搭載されており、自立行動も可能である。

彼は、全てのマドウを、制御コンピューターに制御させ、それで終わりか、と思われた。
だが、PR.5(プロトタイプ・NO5)と呼ばれるものと、PR.6が、予期せぬ行動を起こし、急遽、A.I.による制御を試みた。

その試みは、見事成功したが、それに気を取られたのか、闇のQのM.O.T.が暴走を始め、グラモスを飲み込もうとした。
結局、彼は、闇に取り込まれた。

その後、グラモスは、闇の言いなりに、タイムマシンを作成、そして、発動。
しかし、それが、暴走。
それにより、PR.1(サノン)、PR.5(セオ)、PR.6(ヨウ=アラバナ?)が、他の時代に飛ばされた。

そう、老人に聞かされた。


「ってことは・・・」
ヨウは、手や足を見ている。
「そう。お前は、PR.6。アラバナ・アルバードだ。」
老人は、緊迫した感じで、言い切った。
「へ?お爺さん。何言ってるの?」
ヨウの額から、汗が流れた。
「なにを言ってる?肩の入れ墨(ハート型)があるはずだ。」
老人は、ヨウの肩をチラリと見た。

ヨウは、肩を見た。
「・・・。そ、そんな・・・。」

彼の肩には、確かに、ハート型の入れ墨が、ハッキリと、彫られていた。

「なあ、「信念」っていう言葉を知ってるか?」
老人は、フフ・・とにやけた。
「ああ、それぐらい知ってる。」
ヨウは、ぐったりしている。
「「マドウ」と「Q」と、「こころ」は、信念によってリンクしている。これは、彼奴が生み出した、マドウ絶対制御方法だ。

「こころ」に、信念を持つ者は、進化する。
「何かを守りたい。誰かを守りたい。」
信念は、人それぞれ違う。
しかし、信念が、ある程度まで達した時、「こころ」は進化し、「マドウ」の威力が格段にUPする。
グラモスは、Lv.1~Lv.5までの五段階用意した。

信念こそが、闘う者の、強みになる。」

老人は、へへ、と、頬を緩ませた。

<第五十五章 終>



では、さよなら!


Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。